***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ガーリー淑女ここにあり
ガーリー番長の先輩はガーリー!

07memories-lee-tmagArticle.jpg

リー・ラジウィルとソフィア番長の愛娘ロミーちゃん


ちょっとお見かけしない間にガーリー番長が、NY Timesにてジャッキー・オナシス・ケネディの実妹であるリー・ラジウィルにインタビューをしていたようです。番長って本当にガーリーが大好きなんだなぁ... とアタシもしみじみ。そしてパパ譲りの気取りなさで派閥を広げて行くのが本当にうまい。リーとソフィアの出会いはマーク・ジェイコブスのパリのアパートメントのインテリアの相談にリーが乗ったことから繋がっていったんだそうですが、もうそうの辺のハイソサエティのフランクな何かというのは、妄想はできても想像つきませんがそういうもんです人生は。そしてNYとパリで生活をする二人の共通点もあり、何度か会っておしゃべりするうちに、ロミーちゃんまでリーの完璧に整ったお家にお邪魔することになるくらい仲良しになっちゃったと番長は語っております。

しかしフォーエバーガーリーのリーはロミーちゃんにも容赦なかった。たくさんのお菓子をトリートされて大騒ぎする若いお嬢さんにリーはにっこり微笑みながら静かな声で「ロミー、そのチョコレートでアタシの家具を汚したら貴女を殺すわよ」と言い放ったそう。それから二人は大親友になったのだそうです。おとぎ話の結末みたい?いいえ、これがガーリーの生き方ということなのですよ。

ではインタビュー映像とリーの歴史的な画像をお楽しみください。
☞ Lee Radziwill Interview by Sofia Coppola


そしてリーの素敵ガーリーな軌跡はこちら。


[ガーリー淑女ここにあり]の続きを読む
スポンサーサイト
FASHION GIRL | 固定リンク
(2013/03/14(木) 18:05)

 Eeny, minnie, miny, mouse!

おそらく2012年最強のコラボです



FASHION GIRL | 固定リンク
(2012/11/16(金) 14:07)

 Here I Come Here You Go

I NEVER STOP LOVING YOU.

552368_10151131988568721_492507880_n.jpg

タラさんをいつもご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。でっぱったり、ひっこんだりと相変わらず慌ただしくしておりますが、エルオンライン・ブロガーとして新装OPEN!新たにお店を営んでおります。ここへたまに覗きに来てくださる方や、なんか検索ワードでひっかかったら迷い込んでしまったという方も、ぜひ遊びにきてください。大切な一日を元気いっぱいの笑顔で過ごせるように、これからも女のコの夢と現実を商ってゆく所存でおりますので、変わらぬご贔屓のほどどうぞよろしくお願いいたします。


エルオンラインblog
「妄想百貨店」はこちらから☞ http://blogs.elle.co.jp/taramoon/




FASHION GIRL | 固定リンク
(2012/10/28(日) 22:00)

 GIRLS JUST WANNA HAVE FUN?

NON! ママは許しませんよっ!

littlegirllingerie-1

こんばんは、タラログのお時間でございます。
なんか今日はいきなりの冷え込みが身にしみますね。
自他ともに認める夏好きなアタシでも、今夏のニホンの暑さは相当に
ストレス感じておりましたが、今夜は秋を通り越し冬の装いと
ホットココア片手にゴロゴロとタラログ三昧しております(あ、聞いてない?)。
あまりにもネタ探しに日常励んでないもので、探すとなると乗ってけ乗ってけとばかり
取り付かれたようなサーフィン状態。で、見つけたのは幼児虐待ネタ(爆)否、
ついに出た!おフランスより、ちびっこランジェリーブランドが
満を持してローンチしたよ♡っというセクシーなお話デス。

[GIRLS JUST WANNA HAVE FUN?]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク | レス:0
(2011/09/20(火) 20:41)

 JUICY☆JUICY☆JUICY☆

ボンボンガーリーBガーリー♪

beyonce07_b_convert_20110818191055.jpeg

なんだかんだお盆も過ぎましてこれで少しは猛暑も鎮静されるのかと思いきや、国民の期待を裏切り続けるどっかの国の政治家みたいにいつまでたっても時間が前に進まないような気がしてならぬ今日この頃。ワタクシ外に出るたびに溶けそうになっておりますが読者の皆様におかれましてはいかがお過ごしですか?寒さが大の苦手で冬になると、一年中が夏だったらいいのに~と心から願うフォーシーズン反対派のアタシでも今年の暑さには参ってます。冷房なんか大嫌いだけど、ハワイに住んでた時も自然風で通したけど、この暑さには耐えられなくて冷房病になるくらいエアコンのお世話になっております(汗)。てか、ハワイやフロリダの暑さとなんかが違う。違いすぎる(文句ぶーぶー)。自然の少ない都会の片隅に住んでるせいで地熱の影響なの?あー。暑さって気力を奪いさる魔物ね。寒いのも身体が動かなくなるっていう弊害を呼ぶけれど、この日本の暑さはダメダメですわ。で、未だ続く暑さを乗り切るためにも最近なんだか足りてないんじゃないか?と思いついたのがBです。そうビタミンB(爆笑)。

タラログでBと言えばBガーリー。ここ数年のあらゆるシーンを見ていてもBガーリーの社会進出は目を見張るものがありますが、その代表的な例としてビヨたん画像を配置しましたが、特に彼女にフォーカスしたいというのではございません。とはいえ、ビヨってすごいよね。すでにBの枠を超えてる感はあるけど、似合ってんのかどうかよくわからないながらキホンなんかガーリーテイストが好きっぽいとこも(レッドカーペットで選ぶドレスはおばさんテイストが濃ゆいが)予定調和でJAY-Zの嫁という座に収まったことも、ダイナマイトボディのくせに溢れるプリンセス風味を出してるとこも、うっかり「あんた正統派ガーリーなんぢゃ?」と思わせられる女の子としてのスタンダードさがあるもんね。これってやっぱりお相手がキングというところにポイントがあると思うの。だってディーバ系もおひとりさまな方に限っては、クイーン張ってる感が出てきちゃってその道に一歩足を踏み入れたとたん、甘えてらんないのよ!もうプリンセスには戻れないの!...って空気が出ちゃう(なんかスンマセン)。その点、ビヨはいつまでたってもお嬢様テイストありきの、お仕事している以上、儲けるのは最優先ではあるけれど、お金のことなんかはすべて誰かがやってくれてるので本人はちっともガツガツしておりません。ってなファンタジー感がある。強いて言えばマイコーの周囲に浮遊してた何か的な。ま、ビヨのことはいいです(書いてんじゃん)。で、今回の本題。

[JUICY☆JUICY☆JUICY☆]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク
(2011/08/18(木) 20:48)

 ガーリー& PLUS

WELCOME TO NEW BITCHIN'

nAOMI-SHIMADA-1_convert_20110816191624.jpeg

アタシってもしかしたらトレンドシーンから大幅に遅れてるのかもだけど、正直な話、世のアップデートな女子達に反して(?)アジアンガーリーにはまったく興味がございませんでして(汗)。だから韓流とか、KOPとか、JPOPとか、イケイケGOGOな中華ものにいたってまでいわゆる食べず嫌い。いや違うな。嫌いかどうかの判別がつけられないくらい知識がほとんどないわけです。いや違うな。あえて知らなくてもいーやみたいな(憎まれっ子世にはばかる)。だからといって金髪碧眼に異常に弱いとか、タラログ的B系ガーリーに異様に固執してるわけでもございませんの。そのなんてゆーか、やっぱりジェネレーションなんでしょうね(爆)。どうしたって思春期を(マガジンハウスの名作)オリーブに影響されて駆け抜けてきた世代ですから、欧米的なフィルターにガーリーの基準を置いてしまう...旧世代です、はい。いいんだよ、それで。自分がそれでいいって思ってんだから(開き直る世代だよ)。なぜにこんな憎たらしい開き直りから本日のタラログがキックオフしているのか?と申しますと、その理由が画像の「Naomi Shimada」というコテコテのジャパニーズネームを持つモデルちゃん、そしてリアリティショーのホステスを務めるガーリーさんなのでございます。


[ガーリー& PLUS]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク
(2011/08/16(火) 20:28)

 時計仕掛けのレッドカーペット
ガーリーな皆様こんにちは。久しくお会いしておりませんがお元気でいらっしゃいましたか?アタクシなんだかちっともブログを更新する気になれず...ぼちぼちTwitterでは遊んでいるんですが、もう長文は書けなくなっちゃったかもー(泣)的なスランプ。と言い訳しながら放置ログになっておりました弊ブログ。お馴染みメトロポリタン美術館で行われた業界最大の祭りファッションインスティテュート開催より、2週間以上も経った今になって重い指をあげて頼まれてもおらんのに(爆)やっとこさっとこしたためている次第でございます。ま、いいや。しのごの言わずにベストから行ってみよっ。

metgala2010-1

はい、出ました。タラログに置きましては当然といっちゃトーゼンの人選でございます。レッドカーペットの女王の名を降りる気は一向にない様子にも見える、相変わらずのお姿を見せてくれたジェニファー・ローペースっ!なんかさ、気合いの入ったジェニを見てるとこんな前置きを書いてる自分がまるでファイティングゲームの実況司会者みたいな気分になってくるから不思議です。そのくらい執念にも似た凄みを感じさせるジェニ。双子生んだあととは思えぬ身体の絞りっぷりも脱帽です。そんでもってなぜか画像見ただけで喝入れられる心境になってしまうアタシ(苦笑)。それにしても完璧だよ、このヒト。もちろん贔屓目もありますが、大概のレッドカーペットでは気合いのベクトルさえ間違えなければ、これほどゴージャスな変身が出来るセレブもいないかも。今やセレブに引っ張りだこのマーケーザを真っ先に多用したのも彼女だったし、様々な理由で(まぢ苦笑)カジュアルシーンでのトレンドは引っ張れなくなっても、レッドカーペットでは負けたくない獅子座のオンナ。いやいや勝っておりますよー。上品なズヘア・ムラドのドレスに不良風味のヘアメイクも完璧。この方の場合、ファッション感度の良さってのもあるけど情報のキャチーさもあるんだろうね。センスのいいブレーンが取り巻きにいるのか。そう言えば、他のセレブがセレブ専属のヘアメイクやスタイリストを雇い入れるなか、ジェニだけはモード媒体のアーティストに大金バラまいて依頼するって話を聞いたことある。今もそのセオリーを守り続けているとしたらアッパレ+それで間違えたら女王許さんぜよ。ねー(爆笑)。


そして2位以下はこちらから。


[時計仕掛けのレッドカーペット]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク
(2010/05/21(金) 20:32)

 リスペクトが止まらない

WHERE ARE YOU GOING TO?

alexandermcqueen-1

TwitterのTLで知ったアレキサンダー・マックイーン氏の悲報。彼の反骨精神あるクリエイションには常に驚かされることが多かったので、これが事実であると知ったとき、また世界は類い稀な才能をもつ芸術家を失ってしまったのだな。と悲しい気持ちにさせられてしまいました。なにが彼を追いつめたのか?議論しても議論しても真相は誰にもわかるはずがない。ただ死を選んだのは個人の選択だとしても、この希望を持つことが容易じゃない矛盾だらけの社会を作り出してしまった責任は彼ひとりのものではないはず。そんな気がします。彼がクリエイションを通してファッションラバー達に問いかけていたものが何なのか。真実はわかりようもないけれど考えてみる価値はあるのかなという気がして止みません。

以下、Twitterよりコピペ。

@cutblog: http://twitpic.com/12oj4o - The McQueen tribute at Barneys. #nyfw

@womensweardaily: Gwen Stefani on McQueen's death: "A tragedy for everyone who loved his work. There was a dark cloud over us today."

@gawker: The Alexander McQueen Tributes http://bit.ly/cygq8l #obits #alexandermcqueen

@styledotcom: There's a row of flower bouquets and candles in front of McQueen's 14th St store. So deeply sad. MNS

@JanetJackson: Today we lost a True Genius, Alexander McQueen. He possessed a unique creativity that will never b recaptured. Alexander invited me to my very 1st fashion show (his in London.) There will NEVER b another!

@seanonolennon: Rest In Peace Alexander McQueen. Maybe was the greatest living designer. The fashion world plunges deeper every day.

@leithclark: my favourite mcqueen show. http://www.youtube.com/watch?v=K5TSvDXznX8&feature=related

僭越ながらアタクシのTLもここに覚え書きさせてください。

@babytaramoon: 今にはじまったことではないが反骨精神を持った人の人生は短い。マスコミは完全なる反逆者を時代の寵児と祭り上げ、その才能に嫉妬した社会は挙げ句の果てに繊細な彼らを飲み込んで行く。ことの顛末をすべてパーソナルな問題に押しつけて。

単純で過剰。懐古的で近未来的。玩具のようで本物。現実的ではないけれど身につけてみたいと思わせる。ミュージアムピースになりえるクリエイションを一体誰が世に送り出すことが出来たのか。http://twitpic.com/12plbl

自分の頭の中でだけ考えてることと他者の目を意識して表現することは次元が違うこと。それを知ってたら自分もそう思ってたなんてイージーには言えないはず。リアルクローズも素晴らしい発見だけど芸術家にもリスペクトを忘れずにいたい。http://twitpic.com/12po8v

セレブ同士の友情というのは固いようで儚いものなのかも。お互いに忙し過ぎていつも一緒にいることが不可能なだけにマックイーンの自殺は友人達にとって大きな衝撃になっているように感じる。「ケイトのおしごと30」2005/10/10

NYCのミートパッキングでマックイーンとステラのブディックが並んでいたので双方を覗いてみた時はその高額ぶりに愕然としたけれど、ふしぎとマックイーンのコレクションには納得がいくなーと感じた。ステラがダメだというわけじゃない。ただひとつの仕事にかける濃さがまったく違うと思った。

天国は天の国じゃなく、天才の国なのかもしれない。


昨年CNNが行ったインタビュー映像。



RIP Alexander McQueen.

You will be missed.


"from heaven to hell and back again, life is a funny thing beauty can come from the most strangest of places even the most disgusting places" - McQ (one of his final tweets/マックイーン最後のツイート) tweets by @lookbookdotnu


[リスペクトが止まらない]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク
(2010/02/12(金) 16:43)

 ケイトのおしごと

タイトルにニヤっとした貴女は

katemosslongchamp-1

タラログ上級者とお見受けします


毎度ありがとうございまーす♪何をいまさらご乱心!とゆーわけじゃございませんが、たまには昔を振り返ってみるのもいいじゃないですか。Girlin'でfull packageさんも書いていたように新世紀も時代はすでに10年代。0年代の出来事を復習しつつ、あるべき方向へ一緒に向かおうではありませんか!(オマエはオバマか)。と、いうわけでタラログでも少しずつ、過去に書いたものを掘り起こしながら、検証し、永続性(と言ってもたかだか5年程度だが)とはなんぞや?と読者の皆様と考えてゆきたいと存じます。え、ひとりで勝手に考えろ?かしこまりました~(笑)。

そこで第一弾に選出したのはファッショニスタの大好物。ケイト・モス親方!旧タラログで連載していた「ケイトのおしごと」では、オサレな読者の方に多大な人気を頂いていたシリーズでございました。ケイトや通称シーちゃんこと、シエナ・ミラーの連載に関しては楽しみにしてくださる方もカブっていて、たくさんのセレブゴシップを取り上げていた弊ブログでしたが、ケイト記事で辿りついた、シーちゃん経由で(タラログを)発見したなどなど、ブログ内での読者の棲み分けがあったというのも楽しい意外性でありました(一応、細々とマイコーもやってたんだけどね)。

旧タラログ知らなーい。でもケイトの過去記事を読んでみたいという勉強熱心な方はこちらに飛んで頂くとして☞「ケイトのおしごと」。本日はごく最近の親方のお仕事にフォーカスして参りましょう。TOPSHOPをはじめ、ここ数年続いている親方のクリエイティブワーク@コラボレーション。ブランドの広告塔としてのロンシャンとのお付き合いも8シーズンという長さになったようです。ますますその密度を詰めるかのように今期からは正式にデザイナーとして同ブランドとコラボ。オートクチュールコレクション真っただ中のパリはオテル・ド・リッツで、新作のローンチパーティーを行った模様です。上画像はその最新コレクションのアドバタイジング。下はパーチーでの親方。いやあ広告のほうはさすがのCG効果だね。なんて関心しとる場合じゃありませんが(笑)。NYタイムスのコラムではパーチーの時のケイトの髪のルーツに白髪が発見。と書かれてたのをチラ読みした時は「え!」っと思ったけど、なんとこの白髪メッシュはわざとなんだそうですよー、奥さんっ!なぬ?この画像ではわからない?かしこまsりました~。こちらでご確認くださいませー。

katemosslongchamp-2

このトレンドはどうやら最年少ブロガーのTaviちゃんがブルーグレイにヘアダイをしてたところからはじまったのでは?と検証されているようですが、どうなんだろ?やはり今後はトレンドとしての「老け」というわけのわからない時代が到来するのか?ナチュラルに行こう!みたいな?でもこの白髪がもしナチュラルだとしたらトレンディではないとファッションコラムニスト達も書いているので、そのへんが難しいところではありますな。若者がやってたらオサレ。でも熟女には難しいってわけですか?だとしたら親方はギリギリのところでしょうか。このクシャッとしたボブといい、個人的にはなかなか決まっているのではとお見受けしますが。つーか、ブロンドにシルバー(プラチナ)だから決まるんだよね。やはり我々アジア人には遠い道のりにも思えるハイファッションなのかもしれません。

が、比較的プライスラインもリーズナブルなロンシャンのバッグだったらピタッとハマる可能性はありますよねぇ。最近ケイトが持ち歩いてる新作デザインのラインナップをチラ見(こればっかだな)して「あれ?これってソ◯◯ア番長のナニに似てないか?」とか「この素材の使い方、ジ◯ヌのデザインにそっくり」とか感じるところもございましたが、親方がやるからこそ売れ筋トレンドに結びつき、いろんな意味で業界の活性化に役立つというメリットがありますので目をつぶって頂けたら幸いです。親方のコラボトリップはまだまだ続く。かな?(笑)。

おまけはメイキング映像!



[ケイトのおしごと]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク
(2010/01/29(金) 19:46)

 夢みるマドモワゼル in 上海

La vie paraît être un voyage.

chanelshanghai-1

BONJOUR! 皆様お元気ですか?お久しぶりの更新です。最近はめっきりPCに向かう時間も減らし気味でアチコチにご無沙汰してしまいっぱなしと言う体たらくをどうかお許しください。実はブログ休止中に旅に出ておりました。そう人生というなの旅に。なんつって(笑)。まあアタシのプライベートの細かいことは置いといて、旅心に思わず火が点いてしまいそうなショートフィルムが、おフランス(じゃなくてパリだね、きっと)のシャネル社から届きました。これは上海店オープンの大イベントで先日(昨日じゃないかな)発表されたホヤホヤです。上海にはなんとカリーヌ女史率いる仏ヴォーグ一派がバックアップに現れ、キャバレースタイルの会場ではヴァネッサ・パラディがパフォーマンスしたんだとか。てか、この顔ぶれって上海の意味があるのか?って気もしますが(まあいいや)。

ココ・シャネル女史が無類の東洋趣味で、ホテルリッツの自室をシノワズリ(中国風)で飾り立てていたことは、ファッショニスタの、否、シャネラーな?(笑)貴女ならすでにご存知かと思いますが、天才カールはココの夢であったであろう中国旅行を映画という形で実らせてあげちゃいました。原題は「PARIS-SHANGHAI A FANTASY "THE TRIP COCO ONLY MADE IN HER DREAM"」となぜか英語タイトルですが(まあそれはいいや)あくまでもココの夢の中で起きたお話というのがなんともいいじゃないですか。しかも晩年のココという演出がなんかフランス的でたまりません。

最近はトム・フォードが映画監督への夢を果たしたり、タラログでも紹介したエリン・フェザーストンといい、プロモーションに映像を使うブランドが増えていますが、カール・ラガーフェルドが監督したこれは最近のマドモアゼル・ココをフューチャーした映像の中でも決定版でしょうね。以前もモスクワ店オープンの時にカール大帝自らが監督した映像を流す演出があったけど、ちょっと興味の対象がチャイナづいているというのもあって個人的にはこちらのほうが好みです。ではここでアタシがゴチャゴチャいうよりも、あなたの脳みそに旅立つ準備をさせたらワイドスクリーンにてご覧くださいませ(全編英語です)。
[夢みるマドモワゼル in 上海]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/04(金) 18:27)

次のページ
copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。