***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 どうにも気の合うバイブレーション
kindredspilits-4kindredspilits-5kindredspilits-6
kindredspilits-9kindredspilits-3kindredspilits-2
kindredspilits-7kindredspilits-8kindredspilits-1

夏の間、気の合う友人達と一緒に日本国内某所にて「夜カフェ」ならぬ、夜だけオープンのラウンジをプロデュースしておりました。まあ、それも妄想トークの延長線上で(笑)成り行きで。と言ったら、あまりにも無責任ですが、ノリ?(爆笑)。たまたま知り合いが経営するカフェを「こういう風にしたら楽しいんじゃないかなー」と提案したところ、「じゃ、やってみたら」ってなことになりまして、「えええ、カフェの運営なんてしたことないし~」と迷ってるのも束の間、アレヨアレヨという間に流れが出来あがってしまっておりましたの(苦笑)。

アタシが考えたコンセプトは「イケメンカフェ」でございまして、皆様の心の中のツッコミどおり、思いっきり私情も入っております(ないわけが無かろう)。ま、オンナノコだったら口では否定していてもイケメンは無視出来ない存在だったりするわけで、イケメンのほうだってモテることを意識して生きている生命体なわけですから、このご両人が絡む場所を提供したら素敵な夏の思い出が作れるはず。と、自分の若かりし頃の経験を思い返して考えたわけさ(笑)。そして周囲のイケメン仲間に声を掛けたところ、バーテン経験のある子はいるわ、ホテルマンの経験のある子はいるわ、ボーイズバーの経験のある子はいるわで、しかも皆ノリの良い素敵な男の子達・・・役者は揃った(笑)。結果的には店に置きっぱなしになっていた、未だかつて咲いたことの無いサボテンの花まで咲かすほど、熱気に溢れた営業になりまして、関係者の皆様それぞれの胸に「ひと夏の思い出」を残して無事終了となりました。ええ、ええ、今年の夏は楽しかったですよ。

そんな文化祭みたいなイベント営業に向けて、アタクシが気になったのはミューズィック。仲間の中にDJ経験のある子もいたんだけど、なんせ機材が無いとゆーのがネックで、結局CDを駆使して頑張った?わけなんですが、手持ちの音源が少ない&あっても店のコンセプトに合わない。という事態に陥りまして、慌てて音楽好きの友人達に声をかけたところ、アタシと好きな音がすごく似ている&アタシなんかより、もっとセンスが良い友人EZちゃんから数枚のCDが送られて来た(その節はありがと~♪)。当然、好みも熟知して頂いてるので送ってくれたものは全て「使える」音源だったのですが、中でもアタシが腰が砕けてしまったほど(大げさだな)気にいっちゃったアルバムをご紹介させて頂きます。EZちゃんから送られて来た中でも一際、目立っていたジャケが上の画像の中央右の人間が立っているグラフィックの「Soul Purpose Is To Move You」。

kindredspilits-10

へぇ、なんかオサレーと思ってプレイヤーにセットしてみると、これがもぉおおお、アータ、初っ端からリラックス方面へ持って行かれちゃいます(笑)。これはコンピアルバムになっているんだけど、まったりベースの中にエッジが効いてる曲もあって、コレ一枚かけといてもセンスの良い空間は作れましたよん。で、店を営業していた時は時間も無くて調べなかったんだけど(アーティスト名すら気にかけていなかった)最近になって調べてみたら、このコンピを出している「Kindred Spilits」というレーベルは、ちょっと前にタラログでも紹介したジョヴァンカちゃんのプロデューサー、ベニー・シングスも籍を置いているアムステルダムのインディーレーベル!で、しかも他のアーティストのアルバムのグラフィックも、もの凄ーくカッチョイイ!やはりオランダ見逃せません(まぢで)。

ヨーロッパの人がどれだけ黒人音楽をルーツに持つ、古き良き時代の「ソウル」や「ジャズ」を愛しているかは、アメリカ本国では売れなくなってしまったアーティストの活躍の場が、ヨーロッパには用意されていることを見ても(そういうとこ日本と感覚が似てますよね)理解はしていたけど、もはや老舗ソウルの域を超えて、もっともっとライトな、それでいてハートウォーミングな音作りをしているという
のが素晴らしい。もちろんソウルやジャズだけでは無しに、エレクトロニカやヒップホップ、ラテンミュージックなど幅広いジャンルのクラブミュージックを提供してくれているんですが、懐かしいような新しいような、ほんのり優しい気持ちにさせてくれることは間違い無し。

Kindred Spilits=気の合う人達」という名前を持つ通り、自らを同じバイブとアイデアを持つ熱狂的な音楽好きが集まったグループと呼び、愛とインスピレーションをより多くのオーディエンスに伝えたいという彼らの哲学は

This collective also reacts to the popular fast food music organizations. Just like eating healthy food, traveling or reading books, you can improve the quality of life by discovering inspiring music.
このレーベルはポピュラーなファーストフード・ミュージックとは違い、ヘルシーな食物を食べたり、旅行や読書をしたりするように、インスパイアされる音楽を発見することで聞く人をクオリティーのある生活に導くことが出来る。


kindredspilits-11

と、音楽で何かを変えて行こう!GOOD MISIC IS TO MOVE YOUR LIFE! という気概が見えるのも頼もしい限りです。愛は地球を救うのです。そして音楽こそが愛を育てる(笑)。思わず、アタクシも共感同感でございます。オランダのレーベルということで、おそらく英語は第二言語?なんじゃないかと思うのですが、それが逆に英語圏の言葉の使い方より、なんかセンスが良い感じがするとゆーか、グラフィックのみならず、ジャケに謳ってる文句のひとつひとつまでガーリーな感じがしてしまうのよね。

このレーベルでは地元のクラブやライブハウスで音楽関連の色んなイベントも定期的にやっているみたいで(在籍DJもいるし)そのポスターのグラフィックも、本当にセンスが良いんですよねぇ。で、どこが関わってるんだろ?と調べてみたところ、これもやはりアムステルダムの「Machine」という団体(か、個人かは定かじゃございませんが)。リンクも貼ってありますので、興味がある方は是非飛んでみてください。ここもテクノレトロで可愛いでっせ。彼らのキャンペーンビデオも試聴出来ますが、これもなんかユルくって、ガーリーなんだなぁ(笑)。そんな感じでザッと調べた限りでも、いやあ、オランダ熱いです(笑)。しかも「FUTURE VINTAGE=未来のヴィンテージ」を目指してるとこなんてタラログと同じだし!(いつからよ。笑)。遊びに行ったら気の合う人多そー(妄想中)。

他にも「Kindred Spilits」のウェブサイトでは自分達で運営しているラジオ番組のアーカイブなんかも試聴出来るし、在籍アーティストのアルバムの試聴だってもちろん出来ます。ちょっとスターバックスが運営している「HEAR MUSIC」のコンセプトと似ているかなーとも思うんだけど、HEAR MUSICが幅広い年齢層をターゲットにしているのに比べ、こちらはやはりクラブピーポー世代に向けてる感はありますね。もしかして大化けするニューレーベルかもしれませんぞ。うはは。取りあえず、ジョヴァンカちゃんのデビューアルバムも日本でリリースされて話題性はあるみたいだし、個人的にベニー・シングスのセンスは大好きなのでオランダの音楽業界は注目したいです。


グラフィック可愛い~なんて言って、これじゃあ見応えないですよね。
しかもアルバム紹介なのに音源もないし・・・。


おりゃ!


[どうにも気の合うバイブレーション]の続きを読む
スポンサーサイト
MUSIC GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/09/28(日) 17:15)

 L*O*V* E* ラブリー*ズーイー!
lovezooey-2

いよいよ台風シーズンに突入ですね。なんだかせっかく始まったばかりの「残暑お見舞いスペシャル」も気合いが入らぬまま(ネタは盛りだくさんに用意してあったのに)残暑までもが尻切れトンボのように過ぎて行ってしまいそうですが、皆様お元気でしょうか?久々にズーイーちゃんです♡ 忘れた頃にガーリーは降臨するのさ(ハハハ)。

前回お届けしたのはShe & Himのデビューアルバム「Volume One」を引っ提げて全米をライブ行脚中のズーイーでございましたが、先日、日本でも公開された「ハプニング」の他、女優業のほうも、盛りだくさんな内容で次回の公開作が目白押しとなっております。もちろんズーイー本人も「音楽が何より好き」とNO MUSIC NO LIFE宣言をしているとおり、彼女の多岐に渡る活動の中、一番にチカラを注いでいると思われるズーイー・ミュージックをアルバム発売によって持ち歩けるようになったのは、ファンにとっては有り難いことなのですが、やはりお姿を拝みたいとゆーのも本音でございます。YouTubeあたりではライブ映像のアップデートが、た~っくさんあって「いったい何がなんだかわからないよ~」と見に行く度に嬉しい悲鳴を上げておりますが(笑)スクリーンで見たいのよ。あの初めてズーイーちゃんに出会った時の感動をアゲイン。

そんなこと言いながら、すっかり「ハプニング」を見に行くのを忘れてしまっていたというのもハプニング(爆)。今ではYouTubeにて全編鑑賞出来るようにもなっちゃってます(苦笑)。思い起こせば、タラログにズーイーを紹介した頃は、まだ動画も関連サイトもほとんど見つけられないような状況でした・・・。それでもズーイーちゃんはアタシ達の期待に答えて良く頑張ってくれました。それも彼女の真髄でもあるインディー畑という、身銭の少ない(でも)個性の花を満面に咲かせることの出来るお花畑をメインの活躍の場に選んでいるのが、アタシ達と近い立ち位置を選んでくれているようで嬉しい。マネージメントの関係もあるのでしょうが、ファンをがっかりさせない程度の賢さでハリウッド大作にも顔を出しているのも、日本公開の少ないインディー作品では彼女に会えないファンにとっても満足ではないでしょうか。やはりセレブもバランス感覚が問われる時代です。

lovezooey-1

本日はNYLON誌の最新号でカバーを飾り(2回目!)ガーリーファッション的にも、ますます目が離せなくなって来たズーイーちゃんの動向を親切なスライドショーや動画を織り込んでお届けにあがりに参りました(ええ、回し者です)。まずは公開作情報から。

全米クリスマス(12月19日)公開の「YES MAN」では、ジム・キャリーの相手役に抜擢されております。これはコメディー映画界ではシンデレラみたいなもん。ジム・キャリーも一時に比べたらパッとしなくなっちゃったけど、コメディー作ればドル箱なのは間違いない方。過去にジム・キャリーの相手役でブレイクした女優と言えば、「マスク」で共演したキャメロン・ディアズが有名ですが、キャムの場合、グラビアモデル→パッとしない女優→ドル箱女優、という経緯のため、意外に自分の演技力に自信が無く、地味なインディー作品にも進んで出演したがるというのは有名な話。なのでキャム出演の駄作系インディー作品というのは、けっこうDVDで見かけます。が!ズーイーちゃんは舞台経験もあったり、インディー映画の女王と呼ばれていたり、芸術的に色んな素養のあるタイプ。なので、ここでメジャーにブレイクしたとしても本人は立ち位置を変えないはず。否、変える必要性が無い。若いうちの下積みは大切です(笑)。日本公開は来年の9月。ズーイー周辺の動きがここんとこだけ、ホンマにどうにかなればタイムリーに味わえるのにぃ・・・と残念です。その前にライブで来日しちゃうかな?

そしてNYでのロケを終えて(おそらく)クランクアップにはなっていると思われる「Gigantic」では「リトル・ミス・サンシャイン」のドウェイン役、そうです、オリーブちゃんの兄を演じたポール・ダノと共演。彼はあの役柄のせいもあってサブカル界では、かなりの人気者。ズーイーちゃんも不機嫌な役を演じたら右に出る者無しってくらいのキャラなので、ここは紅白不機嫌対決か?(笑)。そして同じくインディー作品の「500 Days of Summer」では、真実の愛を信じていない女の子を演じているようで、まったくズーイーらしいキャスティングです(笑)。こちらはミュージックビデオやCMを中心に活躍する映像監督のマーク・ウェッブの初長編作品なので、そのあたりの作り方も楽しみですね。あとはimdbでチェックしても、消えたり、噂だけとなってたり、また時間を置くと足してあったり・・・かなり色んな話がズーイーに持ち込まれ、周辺が賑わっているのがわかります。

lovezooey-3

で、もってスライドショー(一部は文中にリンク貼ってあります)も動画も無いじゃねーか!と怒らないでね、ダーリン♪

こちらでございます。



[L*O*V* E* ラブリー*ズーイー!]の続きを読む
ZOOEY GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/09/22(月) 18:14)

 SEPTEMBER 11. 2008

REMEMBER TODAY.

911NY2008-2

2008年9月11日。7周年を迎えた911の追悼記念日です。日本は既に明けてしまいましたが、アメリカの今日も間もなく過ぎて行きます。世界中のどこかで毎日、誰かが亡くなっている現実は私たちには変えようがありません。でも身近にある命の大切さを多くの人達が思い出すことで防げる無用な戦いもある。それが今、世界に欠けている何かを救う手助けになるかもしれない。目の前にいる大切なものを慈しみ続けることは意外に大変な作業です。アタシ自身も毎年この日が来ると、メモリアル集会で涙を流す遺族の方を見て、自分自身も思い出さなきゃいけないことがたくさんあるな。と反省してしまうのです。

911NY2008-1

[SEPTEMBER 11. 2008]の続きを読む
DAILY GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/09/12(金) 10:21)

 taraMusic残暑お見舞い懐メロスペシャル2
懐かしスペシャル第二回目は80年代初頭のナンバーからお届けしたいと思います。なんせ(作り込んだ)ナチュラルテイストが主流だった70年代から、作り込みに拍車がかかちゃった感のある(苦笑)人工的な匂いの波がドーンと押し寄せて来た時代です。簡単に言えば、昨日まで男ウケの良い(当時はね)薄化粧にサーファーカットだったお姉様が、いきなり今日からはテクノカットにバッチリと目張り入れちゃったとゆーか(笑)、そこまで時代に乗りきれなかったコンサバ派の方々も前髪だけはキッチリ作り込んで(当時の呼び名はトサカ)人口風味を強調。豪華絢爛色とりどりの戦闘服みたいなボディコンスーツも元を正せば、スタイルを良く見せるための人工ファッションの象徴だったんでしょうね。そう考えると今の時代はコテコテ要素すらユルーくリミックスされちゃって、肩肘張らずに(誰に対して張ってたのかさえ定かじゃなかったのにね。笑)着こなすオサレさんがホンマに増えました。

が!あんなに80年代ファッションに対して毒吐いてたアタクシも(そうだったんですか)遅ればせながらやっと「やっぱり人工ファッションってカッコ良くね?」なんて思っちゃって来た今日この頃。えー、えー、遅いっスよ。オサレな皆様から今さら何を?と言われようが、だってリアルタイムに狂乱の時代を見て来ちゃったんだからサ、どうしたってアレがトレンドとして返り咲いてることを頭では理解していても、体が拒否反応を起こしてたっつーかね。きっと同時代を生き抜いて来た方にはご理解頂けると思いますが・・・わは。

ここで今回ご紹介したいのは80'sのポップミュージックシーンを語る時に欠かせぬ時代が生んだ歌姫、シーナ・イーストンでございます。しかも数十年の後、見直して新鮮なオサレ感動を与えるこのPVはスゴいよ(大笑い)。この「モダンガール」はデビュー曲でアタシは彼女の曲の中では一番好きです。ビミョーな打ち込み具合も耳に心地よいのはやはり懐メロな証拠でございましょう。メイクといい、ファッソンといい、アギネス大好きー!なんつってるアナタには是非見て欲しい逸品です。




オマケは当時ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか(笑)。


[taraMusic残暑お見舞い懐メロスペシャル2]の続きを読む
taraMusic GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/09/04(木) 22:52)

 taraMusic残暑お見舞い懐メロスペシャル1
ご無沙汰しております。タラログ読者の皆様、お元気でお過ごしでしょうか?8月中はユックリとPC前に座ることすら出来なかったほど、ちょっとした楽しいイベントに没頭しておりました。なのでイマイチ、ブログ頭に切り替えることが出来ておりません。それでも皆様に元気でいることをお伝えせねば!の一途な気持ちで帰還して参りました(ホンマかいな)。先週はGirlin'の記事も落としてしまったほど(お待ち頂いてた方、ごめんなさーい)大忙しだった理由は、また秋風が吹き始める頃にでも報告させて頂くことにして・・・再開第一弾(相変わらず大げさ)は、お馴染みの懐かしいナンバーからハッピーになれる楽曲をチョイスしてお届けしたいと思います。いやtaraMusicが一番ラクだし、自分も楽しめるのでスンマセンね(笑)。

先月一ヶ月間はイロイロあって音源チェックにも余念がなかったんだけど、やはり新しいものより、古いものを愛してしまうタチゆえにB系で言えば、元ネタ系とゆーか、オールドスクールに反応してしまいます。クラブ活動現役中のお若いお嬢さんなどは、80~90年代のノリが新鮮なわけですが、アタシにとっては超リアルタイムだし(苦笑)その周辺のことならDJ並みに知ってるって(大笑い)自分でもスゴい時代を生き抜いて来たなーと思うこと然りでございます。そんなアタシにとっても、やや古い感があるこの曲「Don't Go Breaking My Heart」、歌うはサー・エルトン・ジョン&キキ・ディー。76年作品ですが何度もカバーされているので耳にしたことのある方は多いはず。PV中の二人のファッションも見ものです。




もちろんオマケもハイテンションです。あー、踊りに行きてぇー。


[taraMusic残暑お見舞い懐メロスペシャル1]の続きを読む
taraMusic GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/09/03(水) 15:01)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。