***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 やらねば終わらぬ年の瀬祭り
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

PARTY GIRL | 固定リンク
(2008/12/31(水) 14:18)

 DOGGIE WONDERLAND 2008

遅ればせながらメリークリスマース♪

前の記事といい、埋め込みまくりのせいでページが重くてスミマセーン。



久々にゾーイ王子登場!やーわんちゃん、リンクありがとー♥
オバマ家のファーストドッグは是非ともラブラドゥードゥルで!
ラブラドゥードゥルはこんなに愛らしいうえにアレルギーフリーです。



DAILY GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/25(木) 19:00)

 CAN WE CHANGE?
YES WE CAN!とゆーわけで、クリスマスに何を突然?と申すなかれ(笑)。資料作りに気合いが入ってしまったため、アップが遅くなってしまったとゆーだけで、まったくカレンダーとは関係はございませんのであしからず。ミシェル・オバマたんです。来年から夫が初の黒人大統領に就任します。よって初の黒人ファーストレディーの誕生です。アメリカ合衆国が建国232年目にして初。てか、アタシ如きが語るまでもないわけですが、合衆国として独立してからの87年もの間を黒人は奴隷として不遇な時代を過ごし、それは奴隷解放宣言のあとの100年経っても尚、アンフェアな境遇におおむね変化は無かった。オバマ新大統領がイメージをなぞらえているマーティン・ルーサー・キング牧師が60年代に行った公民権運動は、ノーベル賞も受賞しているほど平和的行動の象徴として取り沙汰され続けている現在にも関わらず、なぜかアメリカ合衆国のポリティックスな黒人ポジションのアップは為されて来ませんでした。

michelleobama-2

トレンドに敏感なエンターテイメント業界やファッション界に置いてのB系の地位は、ヒップホップの飛躍的な台頭に伴って確立されて来たものの、他の分野では二番手に甘んじていたというのが公然の事実でもあった。もちろん人種的な話をすれば、B系だけに留まらぬ、ヒスパニック系やアジア系、それこそイスラム系等々。まだまだ多民族国家アメリカの抱えている問題は大きいわけですが、それでもマイノリティーから新大統領が選出されたとゆーのは、アタシ達が生きる世界にとっても未来は明るい(と思いたい)。今回の大統領選についてはネガティブな要素を挙げたがる人もいるとは思うのですが、アメリカ国民が選んだ変革の象徴となるべきMr.チェンジ(笑)オバマ大統領がきっと期待に応えてくれる!と影ながら謹んでお祈りしております。

ヒップホップへの迎合が盛んなニホンでは、けっこう黒人のカッコ良さ?への憧憬みたいなモンもあって、彼らに対する理解度は世界的にもレベルが高いと思うんですわ。が!なぜかそれは「黒人男子に関しての認知」っていう意識が強く、黒人女子への関心度はアングロサクソンへの興味より、やや低めな感じがするんですよねん。たしかにヒップホップという音楽は黒人男子が作った彼らの世界のオリジナルではあるからして、意外にオリジナリティーにこだわるニホンの体質としては、B系に対するリスペクトの幅が狭くなっちゃうってのもわかる。ヒップホップ男子のやんちゃなオサレと比べて、同系列女子のファッション感度はニホンのギャルに取り入れづらい(一部除く)イケイケっぷりなのも理解はしております。もちろん大きなトレンドの流れとして見た場合の個人的な体感ですよー。


でも時代は変革です(笑)。こじつけじゃあ、ありません。なんつったってアメリカのファーストレディーが黒人女子になるんですから。保守的なアメリカ人にとっては、初のマイノリティー大統領の誕生より、おそらくコッチのほうが受け入れ難い人(しかもミシェルのルーツは奴隷制の犠牲者でもある)が多そうな気もする。でもオバマの妻はミシェルなんだから仕方がない。そしてこれぞホンマに世界の意識が変革するキモなんじゃないかと思うわけ。それを知ってか知らずか(たぶん知ってる)このミシェル・オバマ夫人という方は、けっこうファッショニスタでいらっしゃるんですねー。つか、夫のイメージ向上のためにも、ならざるを得なかった?

内助の功を発揮して、夫をアメリカのトップに出世させたアゲマン?今後は彼女のファションにも、国民をはじめ、世界が注目しないわけはなかろーとゆーわけで、さっそく色んなメゾンのデザイナーがWWDのサイトで彼女のためのスケッチを発表しております。ライバルは、やはりカーラ・ブルーニ・サルコジ夫人か?(笑)。ソワレ&デイリークローズのどちらも特にクリスチャン・ラクロワのデザインはエレガントで素晴らしいです。

ミシェルは弁護士なので(学歴だけを見たら夫よりスゴい)夫の出馬前はバリバリのキャリアウーマンファッションだったらしいんですが、ファーストレディー候補としてソフトな印象づけが必要ということで、フェミニンなファッションに転向したんだそう。けっこうな強面なので(爆)このくらいがちょうどいいのかなー?とも思うけど、長身を生かしたアニーホール・スタイルなんてのも似合いそう。タンクドレスや丸首カーディガン、パールネックレスなんかを多用してるので、故ジャッキー・オナシス・ケネディーの再来?と言われてるみたいですけど。だとしたらファッションリーダーになってしまうやん(笑)。個人的にも気分は「コンサバ回帰」なので、やっぱり時代がそういう風に流れているのかなーって感じもしてしまいます。



そして最後はアタクシが勝手にNYコレクション厳選で選んでみました(笑)。こんなスタイルで登場してくれたらオッサレー♪ミシェル自身はあまりブランドにこだわりがないみたいで、J・クルーのオンラインストアでショッピングなんかもするんだそう。それでも今後はアメリカの看板を背負うわけなので、経済効果も考えてアメリカンブランドを宣伝していくのでしょうね。ちなみに彼女は今まで専属スタイリストをつけてなかったんだそうよ。言われてみれば、かなり荒削り感はありますが、アメリカに置けるB系界の地位向上と同様に今後のソフィスティスケートぶりが楽しみです。



今日はあまりガーリーじゃなかったので!



[CAN WE CHANGE?]の続きを読む
FASHION GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/25(木) 01:05)

 taraMusic師走のアイドルスペシャル2
ブロガーの皆様ならご存知のように、内容を考えて書くのはメンドーだけど、なんとなくブログの更新がしたくてムズムズしちゃう時に「YouTubeの動画を貼付ける」という手法はたいへん便利なブログツールでございます。今や携帯でもチューブれるようになった時代(ホントにスゴいことです)。しかしなんでドコモやauでは動画チェック対応になっているのにSoftBankではダメなの?アタシはiPhoneユーザーなので問題はないのですが、業界の風雲児的な存在なのに対応してないというのは、一般携帯をお持ちの方はイラつくよね。天下の?SoftBankなのに。お父さんに言いつけてください(笑)。なぞと、くだらん愚痴モードは置いといて。

そうそう、何が言いたかったかって、YouTubeの旅に出てしまうと容易に帰ってこれなくなっちゃうとゆーね(苦笑)早めにサクサク切り上げるつもりで、今日は軽く動画アップにしとくかー!なんて思っている矢先に迷い道クネクネ~♪(by 渡辺真知子)。そんなんで今回のスペシャル用アイドル探しで見つけちゃったのはコチラ。Laura Marling/ローラ・マーリングちゃん。知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、UKインディーズバンド「Noah and the Whale/ノア・アンド・ザ・ホイール」の歌姫?(知らんて)。ジョニ・ミッチェルを彷彿させるフォーキーな歌声も好みなんだけど、ローラちゃんの何が素晴らしいってアータ。PVのアートワークですよ。

太古の昔と違って(いつやねん)エアチェックも目と耳で確かめるのが当たり前になっている2008年の冬(YouTubeさん、ありがとー)。この「Ghost」という曲のPVは、ミシェル・ゴンドリーとティム・バートンを足して二で割ったみたいなガーリーな世界観が新しい。バンド活動を経て満を期してソロ発表されたっぽいローラちゃん。他の曲もレトロガーリーで、リリーちゃんもそうだけど、おそらく彼女の好きな映像作家に影響されまくっているのがPVにも表れていて楽しい。中でもこれがやはり秀逸です。お楽しみください。



で、Noah and the Whaleって知ってた?


[taraMusic師走のアイドルスペシャル2]の続きを読む
taraMusic GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/20(土) 20:11)

 taraMusic師走のアイドルスペシャル1
こんばんは。アッという間に師走でございますねー。アタクシごとではございますが、先日ガーリンのコラムがヤフー・ニュースのマイコー記事(笑)へのリンクで紹介されまして、年末のアレコレすらも、ぶっ飛んでしまうくらいアガりますた。これも一重に応援してくださる読者の皆様のおかげ!と編集部一同、喜んでおります。まだまだ足りないところだらけのタラちゃんでございますが、今後も精進していく所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。。またガーリンも来年のバレンタインデーで一周年。POSTへの皆様からの投稿も大歓迎♪またイベントなどを通して読者の皆様とガーリンな繋がりが持てるよう、編集部も企画中でございます。そうそう、都内各所でフライヤーの配布も始まっておりますよ~。もし見かけた方は可愛がってあげてね♡

と前置きが長くなりましたが、読者の皆様も、この時期は日々お忙しくされていらっしゃることと存じます。見たい映画も溜まってるけど、お正月休みが来るまで待っとくかーなんて方も多いでしょうが、やはり忙しい時のリラックス方法と言えば!ミューズィックでしょ(と、こじつける)。年の瀬で働き過ぎ、そして忘年会で飲み過ぎてお疲れのアナタ。カサカサになって半ば親父化しちゃったそんなアナタも、タラログで日頃のガーリー不足を解消していって(笑)。ガーリーを手軽に注入できるように今回のスペシャルでは「アイドル」を取り上げてみましたよん。まずは英国ガーリーアイドルの旗手リリー・アレンちゃんの「The Fear」をどうぞ。ソフィア番長ワールドをまんまパクった(苦笑)リリーちゃん。好きだったのねー、あー、はいはい(爆)。しかし「マリー・アントワネット」の世界って、安く作ると80'sになるのねー。と、なぜか感心。ソフィアってやっぱスゲー(リリーじゃないのかい)。




80'sと言えば、この人が黙ってません。



[taraMusic師走のアイドルスペシャル1]の続きを読む
taraMusic GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/12/14(日) 01:02)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。