***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 今宵はガーリー祭り
marieantoinette-17

marieantoinette-16

marieantoinette-3

marieantoinette-27

marieantoinette-20

ガーリーが止まりません(うは)。タラです。旧ブログでやったMOVIE BATONからズーッと楽しみにしているソフィア・コッポラの新作「Marie Antoinette」がついに完成したようです。そしてフランスが生んだガーリークイーン、マリー・アントワネットの名にふさわしく、初上映はカンヌにて。そう、あのカンヌ映画祭のコンペに出品されるることが決定しております。数ある映画祭の中でも、イタリアのヴェネチア映画祭と並んでゴージャス感溢れるカンヌ。いやあ、行ったことは無いけどさ(笑)南仏ってだけで、もはや心躍る感じじゃありませんか~。なんたって女はフランスもんに弱いアタシなもんですから、そんなニュースを耳にしただけで心は勝手にはやっております。

もちろん、作ったのはイタリア系アメリカ人のソフィアだし(監督、脚本、プロデュースも担当)主演もソフィアのブチャ友(爆)キルスチン・ダンストっていうバリンバリンのアメリカ人。でもそんなアメリカ人的なフィルターを通して見た18世紀のフランスってのが面白いじゃない?それも各業界をも巻き込んで「ガーリー」っていう単なる一部の趣味嗜好に商品価値を与えたソフィアのフィルターだもの。オモロくないわけがない。いやガーリーラバーは必見だろ。だってお姫様だよー(笑)。ガーリーの究極じゃあ、ございませんか。女の子なら誰だって一度は憧れた経験のあるお姫様活動。馬車やら、お城やら、舞踏会やら、王子様やら(妄想中)。そんなんがソフィアの味付けで満載に描かれてるってんだから、溜まんねー。この画像を見てるだけで心浮き立って仕方なかったアタシ(うひょ)。もう、こんな画像見ちゃったら我慢の限界ってことで、ひっそりとブログ再開しております(うしし)。だってこの色彩を見てよ!(力説気味に)。まるで100年分のイースター(春に行われるキリスト教のお祭り)がやって来たみたいなパステルぶり(笑)。美味しそうです。一番上の画像は恐らくポップアーティストのWayne Thiebaud(ウェイン・ティーボー)のコレを意識したんじゃないかなあ~とか。このウェイン・ティーボーはオシャレなブロガー友達、mingさんに教えてもらったんですが、一目見て一発で参っちゃいました(可愛い過ぎ)。この手の世界ってアートで愛でるより、実物達で愛でたいってあるよねえ(美味しそうだし)。決して甘党じゃないアタシですら、このガーリーパワーにはやられちゃったもの。んでもって、ソフィアが親切に具現化してくれたっつー、グーゼン(妄想ですが)。ティーボーのことはmingさんがお友達と運営している、とーってもオサレなご自身のブログにも紹介されております。

そんなガーリーラバーにドッカンドッカンと直球を打ち込む、相変わらずのソフィアでございますが、本人としてもガーリー代表として、どーしても描きたい人物だったんだろうねえ、アントワネット嬢。ファッション業界でも、ついこの間まではヴィクトリアンの波が吹き荒れてたりして、最近はワリと馴染みのある世界だったりもするし~。いや、出て来る衣装が、そのまんま現代のコーディネイトの参考になるとは思わないけど(意外に着物の世界に通じるかな?とは思う)柄や色の合わせ方なんかが最高に可愛いので(既に画像でも解るけど)劇場でジックリと鑑賞したい。オフィシャル本が出たら買いますよ、アタシ。オスカー受賞後のソフィアが「ここぞとばかり」アントワネットの如く贅を極めた作品かと存じますもの。かのヴェルサイユ宮殿にて撮影も行われたっつー、ガーリー史に大きく残るであろう作品でありますぞ(知らんけど)。アタシも大昔に行った仏旅行でパリから長時間かけて、わざわざヴェルサイユ宮殿に行ったよ(あ、聞いてない?)。なぜにあんなにもヴェルサイユにこだわったのか?自分でも不思議だけど、恐らくアントワネット嬢の霊がアタシのガーリー魂を呼び寄せたに違いないね(爆)。いや、間違えてフランス語ツアーに参加しちゃって、チンプンカンプンでちーっともワカランチンだったんだけど(汗)こーんなデッカい部屋でトイレを済ませてたのか~(ハンパ無くゴージャスだったし)とか、秘密の劇場(外は地下牢に見せかけて内部は、これまたデッカい贅沢な劇場になってる)も見れたし。もし、劇中でそんなんが出て来るシーンがあったりしたら自分的には二度美味しいかも。とにもかくにもこんなに豪華絢爛なガーリーアイテムには滅多にお目にかかれない!ってことで、誰が何と言おうと(ま、誰も言わんだろーが)ゼーーーーッタイに観に行きます(ハァハァ←久々で疲れた)。

世界を先駆けて公開する仏版トレイラーはコチラ

marieantoinette-11

marieantoinette-1

marieantoinette-6

marieantoinette-2

marieantoinette-15

marieantoinette-25

marieantoinette-23

marieantoinette-24

marieantoinette-22

marieantoinette-13

marieantoinette-9

marieantoinette-8

marieantoinette-7

marieantoinette-10

marieantoinette-5

marieantoinette-14

marieantoinette-12

marieantoinette-4

marieantoinette-21

marieantoinette-26

marieantoinette-27

marieantoinette-28

marieantoinette-29


marieantoinette-18
ヴェルサイユ宮殿の撮影許可を頂いたのでフランスへ恩返しってことなんでしょうか?カンヌ映画祭出品ってだけでなく、フランスでは5月24日から公開されるっていう噂でっせー(まぢー?)。そのあと、9月にイギリス、本国アメリカでの公開は10月18日っていう話。そんなハリウッドなんてクソ食らえ的な態度にもエッジー&ガーリーなソフィアらしさが伺えます。このポスターだって思わずSEX PISTOLSを彷彿させるし~。やーっぱ、父ちゃんが巨匠だと強いんだろーなー(笑)。マフィアも絡んで来るし(たぶんな)怖いモンなしのガーリー街道。ある意味、この強引さはアタクシの提唱する「生涯ガーリーをモットーに親父道を突き進む」女子の王道系だな(よくよく考えたら)。いやあ、ソフィア様々だよ(何がだよ)。キルスチンだってソフィアのソフトフォーカスマジックにかかると、急に顔色も明るくなって精彩を放ってるような気がするもの(気がするだけかもしんないけど)。ま、キルスチンはどーでもいいから(スカチンの時もそうだったけど)ソフィアの視点で見た18世紀を早く堪能したーい。それにしても、公開前にこんなに画像が流出しちゃってよー。ま、それだけ作品に対して自信があるんだろうなー。やっぱ気合いは親父だー(笑)。
SOFIA GIRL | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:28
(2006/04/25(火) 12:35)

<<マリーの夢は夜ひらく | ホーム | Thank you links!>>

コメント
  1番乗りっ!!
あまりにも嬉しくて飛び込んでしまった!
お帰りなさーい!!!!!!
いやー、タラさんいったいどこ行っちゃったのかと思ってたら
こんなとこにいたのねー(爆)

ところで、このアントワネットは絶対観に行こうと思ってます。
ホラ、隠れガーリーなんで(笑)。
1番上の写真が1番好きかなー。
私もこんな暮らしがしたいっす。

それにしても・・・
ああ、この画像の多さにぞくぞくしております。
やっぱタラログはこうでなくちゃ!
個人的には手書き文字キボンヌ。
URL | エレキテルコ #SFo5/nok | 2006/04/25(火) 21:31 [ 編集 ]

  いやっほぅー
本当に再開嬉しいですv-238
どんなとこにもコバンザメのようについていきますよぉ[絵文字:v-v-19218]明日からまた楽しい日々が始まります!ありがとうございます。

URL | matsu #- | 2006/04/25(火) 21:47 [ 編集 ]

 
いよ!待ってました~。
いきなりのマリーちゃんネタですかぁ。ステキング!
いや、コレホント楽しみだねぇ。
てかTBしてもいいもん?

URL | ruby #- | 2006/04/25(火) 22:39 [ 編集 ]

  いいね~
写真がいい感じだ!あんまり時代物見ないけど、これは見てみようかな。ソフィア映画好きよ。ってまだアレは見てないんだけど。あれ。あれよ。東京の。ロストイントランスレーション!あ~すっきり♪
ブログ再開おめでとうございま~す!
URL | yokopin #Zr2/WiYY | 2006/04/25(火) 23:39 [ 編集 ]

  祝!ブログ再開!
いやーん、承認待ちの行列が出来てるぅ。
みんながどないなことを書いたのか気になりつつ…。
とにかくオメデトーゴザイマス!(感涙)
これでまた、楽しみが増えますた。ルンルン♪

しかし、この怒涛のガーリー攻撃はスゴいっすねー。
ピンクのケーキ、パウダーブルーのドレスにリボン、華麗な扇子、
バラ柄の壁紙…あー泣く!泣けるほどガーリー!
ソフィア姐さんは、やっぱり乙女のツボを突くのがウマいやねー。
これでキルスチンじゃなかったらなー。とは言わないけど。(笑)
いや、指をくわえてる姿がちょっとね…。
URL | chiku #- | 2006/04/26(水) 00:32 [ 編集 ]

  パステル万歳ドレス万歳
身悶え&武者震いしながら見ました!
くーっ、素敵すぎる・・。
絶対見に行く&DVD所持決定。

そうですよ、女子ですものドレス大好きですよ。
とあるテーマパークでドレス着て合成写真撮りましたとも。ていうかそのためだけにそのテーマパーク行ったッス。
でもその写真を意気揚々と見せると誰もが苦笑(または失笑)なんですよね・・・。

確かにウエイン・ティーボーだ!すごい!さすがタラさん。
何より紹介していただいて恐縮です。梨本です。
URL | ming #- | 2006/04/26(水) 00:52 [ 編集 ]

  「よろしくってよ~オホホホ♪」
祝!新展開!いやまた斬新なフォーマットでよろしくってよ~v-218
しかも初っ端からガーリーで攻めてくるなんて、旧ブログ読者も悶えまくりでございますぅ~。
ソフィアの色彩感覚はガーリー部の女子なら必ずKOされちゃうはず。
姉が漫画「べるバラ」世代で、その影響から小学生の時からフランス革命に興味持ってしまったやーわんでありまつ。やっぱ究極のガーリーはお姫様よね
v-20
ツヴァイク著のアントワネット本、ほこり被ってるけどまた読んでみようっと。
URL | やーわん #- | 2006/04/26(水) 01:47 [ 編集 ]

 
ぎゃ---!タラさん、おかえんなさい!!
そしてこのセレクト!
行きます、絶対、これ。楽しみ!
1枚目の画像、ケ-キにかこまれてるし。

FC2なら少しは安心ですね。
あらたな楽しみができて、ホントに嬉しいです♪♪
URL | 中野しじみ #- | 2006/04/26(水) 09:35 [ 編集 ]

 
>隠れガーリーさまへ
初乗り、おめでとうございます(笑)650円になります。(えっ?)
そうなのよ。やっとこさ、やる気が出てきました。
アタシもこのティーボーの絵を彷彿させる画像が一番好き
(キルの顔もよく見えんし)で、好きな順番で並べてみたわけさ。
手描き文字(笑)それやるとまた過去に戻っちゃうそうな。
アタシもあれ大好きだったんだけどMacだと
PHOTO SHOPを購入しないと出来ないワザみたいなのよん。

>matsuさんへ
明日からって・・・毎日書くかどうかわかんないけど(爆)
お仕事と食事のお支度に差し障りの無い程度に
そこんとこ、どーぞヨロスコで。うひひ。

>ルビちゃんへ
オホホ~。フロリダのマリーです(爆)
いや、この画像を見つけた途端に潜在意識が呼び起こされ、
なにかワクワクするようなネタで再開したかったから~。
この時期に画像を一挙流出してくれたソフィアに感謝だわ(笑)
TB!もちろん受け入れ態勢万全ですわ、奥様っ。

>コピオくんへ
アタシも時代劇はメッボウ苦手なクチなんだけど
ソフィアが手がけるとなったら別の話じゃ。
大好きなミロス・フォアマン監督の「アマデウス」に通じるような
美術的な見応えも十分感じるもの、スチールだけで。
「ロスト・イン・トランスレーション」は日本人が見ても
あんまり面白くはないかも。オサレではあるけれども。
アタシは日本を離れて生活している時に観たから
主人公の見た東京が懐かしくもあり、新鮮でもあったな。

>chikuたんへ
コメントの承認制、止めようかなー(いきなり)
他人の書きコメを読んで楽しいって、実際あるもんなあ。
ソフィアも色んな時代劇を見て納得いかないことが多かったのかもね。
たしかに何か重厚過ぎるのが多過ぎるもんねー。
扱ってるテーマは意外に軽かったりするのにさあ(苦笑)
キルスチンは意地悪系の顔だから(決めつけ)
時代劇の我が儘お嬢様役はピッタンコな気がするよ。
出来るだけ性格の悪いマリーを演じてることをキボンヌ。

>mingさんへ
TB見て、さっそく来店してくれたの?嬉しいどすー。
この画像見た時にすぐ、ティーボーだーと思ってさぁ。
もしmingさんが教えてくれなかったら、ただの可愛いショットで
終わってたけど予習があったから、また違う目で見れたよ。感謝!
スチールだから当然だと思うけど、全てが完成度高いよね。
これは絶対、オスカーで美術や衣装は総嘗めだと思われ。
過去に「アマデウス」なんつー、アヴァンギャルドな作品もあったけど
パステル~っていうだけで女子にはツボまくりだよねえ。
テーマパークでドレス撮影って王道やん(笑)
年取ったら出来んから、今のうち好きなだけコスプレしとくよーに。

>オスカル様へ
今回の再開にあたってはフォーマットも地味にしてみました(笑)
とにかく自分もワクワクするようなネタで始めたかったのだ。
そしたら、ファッソンであり、セレブであり、ガーリーが詰まった
素敵なネタをソフィアが提供してくれたってわけ(強引な自己解釈)
まぢで5月公開じゃなかったらブログの再開も秋になってたかも~。
さすがヅカファンの母を持つ、神戸っ子!
それも姉妹だなんてアータ、ガーリーやわ~(笑)
アタシも鑑賞前に少し、アントワネットについて予習するつもり。

>中野しじみ産へ
ただいまっ。昭和の香りはしないけどズベ公ぶりなら
マリーの姉御も負けて無いはずよん(大笑い)
そうなの。FC2だと承認制が出来るからいいかなと思ったんだけど
相互的にコメンテーターが絡めないのよねえ。
管理人とのタイマンになっちゃうからさー(笑)
なので一時的にちょっと取り止めにしてみますわ。
URL | タラ #- | 2006/04/26(水) 10:53 [ 編集 ]

  オカエリナサァイ♪
しょっぱなネタとしてはこりゃタマランチ会長っすネ!
「ベルばら」もソフィアの手に掛かると、こんなにもプリチーなものになるんですなぁ。ヅカとはえらい違いだー。
この映画、マリアンヌ・フェイスフル(元)嬢も出演されとりますねぇ。現在のマリアンヌ嬢は昔の面影まるでナシ!ですけど...。
そして、衣装担当はイタリア人Milena Canoneroですね~。古くはアノ『時計じかけのオレンジ』、最近では『ライフ・アクアティック』を担当した人でっせー。これはますますタマランチ会長でっす!
URL | かよりーぬ #- | 2006/04/26(水) 11:44 [ 編集 ]

  TBできたの?
スンマセン、TBしてみたんですが。
一発目~♪なんて張り切ってやったはいいが、
どっかいっちゃった?(爆)
URL | ruby #- | 2006/04/26(水) 12:40 [ 編集 ]

 
>玉ランチ会長へ
所詮、ヅカは日本人だからねー。
フランス人に見せかけるのには無理がアリマンチ会長よ!(爆)
あ。そうそうマリアンヌ・フェイスフルも出てるのよねー。
コイツは、やっぱりソフィアの趣味だと思われますが~
この人の存在が更にパンク度を深めている事を願いますわー。
さすが元映画部!(笑)お詳しい~。
衣装ってイタリア人なんだー。どうりで絢爛なはずねえ。
それもウェス・アンダーソン作品も担当していたとは!
ウェスの美意識も大好きなんだけど、さすがセンスのいい監督に
指名される衣装さんだけあるわー。いい仕事してますなあ。
アタシも、ますます玉ランチ会に入会しちゃいます。

>ルビちゃんへ
TB出来てないよー(泣)
なんかコッチの不具合があるのかしらん・・・。
一応、TBはエロサイト対策に承認制にしてるんだけど~。
URL | タラ #- | 2006/04/26(水) 16:22 [ 編集 ]

  TBでけた?
ブログ荒らしてごめんあそばせ(汗)
今度はいかがの?出来たっぽいんだが・・・。
では、ごきげんよう。
エロサイトより(爆)
URL | ruby #- | 2006/04/26(水) 19:15 [ 編集 ]

  タラさん復活祭!!
祝!タラさん万歳!!
久々のタラさんブログに興奮気味の私!
しかも、色彩豊かな画像!
心の躍りに拍車がかかります。
私も、この映画観に行こうっと!!

URL | lillo #- | 2006/04/26(水) 20:14 [ 編集 ]

  涙腺ゆるむぅ…
感動しましたぁ。(興奮しすぎてキー変なとこ押し2度も消してしまった) でも、タラさんがオーバーヒートしないよう静かな読者になりまする(お局風)。私、ガーリー系には程遠く定番女です。が、『ベルサイユのバラ』週間マーガレットを毎週楽しみにしておりました。マリー・アントワネットよりオスカル命でした。って関係ない??ゴメン!! ってか・もう・ほんと・タラさんって素敵♪すごい人やわぁ♪
URL | フッコ #- | 2006/04/27(木) 00:44 [ 編集 ]

 
>親切なエロサイト様へ
ご丁寧にありがとうございます(爆)
いや、でけてるよ。承認させて頂きましたので。
新参者ですが(笑)今後もリンク活動を
何卒よろしくお願いいたします。

>lilloちゃまへ
そりゃあ、貴婦人は行かなくっちゃ、コレ(笑)
なんかヨーロッパ優先で公開してるっぽいので
アメリカや日本よりも早く観れるんじゃなかろーか?
その時は是非、感想を教えてね。
・・・てか、イタリアはヨーロッパじゃないんだっけ(爆笑)

>フッコママへ
これからはアタシを不死鳥と呼んで下さい(ウソ)
いや、放っといても勝手にオーバーヒートしがちな体質だから
こりゃ、アブねーど。と思ったら止めておくんなまし(笑)
週マ!それもオンタイムで「ベルばら」を愛読していたとは~。
アタシはTVアニメ→単行本で読み直したクチ。
今でも主題歌も歌えるよ(うはは)アンドレ~!(爆)
URL | タラ #- | 2006/04/27(木) 07:05 [ 編集 ]

 
うわぁ!!ステキすぎて鼻血がでそうです!
絶対何回も観に行くわ~
オードリーの「マイフェアレディ」の衣装大好きなんですが
あの喜びが もっともっと味わえそうです!

ソフィアは、タランティーノとのおつきあいはどうなっているのでしょうか?
昨年のカンヌでは、超オタッキータランティーノと
姫なソフィアが連れ立って お互い
微妙にはにかんでいたのが印象的でした。

エマニュエルベアールを完全に無視して
ソフィア ソフィア!とおいかけて
くっついている姿が楽しかったんですけど
こんどのカンヌでは そんな姿が見れるのか
楽しみ~!!
URL | 呑竹 #- | 2006/04/28(金) 18:53 [ 編集 ]

 
>呑竹さんへ
マイフェアレディー!あれも衣装が見事でしたよねえ。
たしかオスカーも獲ってたはず。
主演のオードリーも美しかったしなあ。コッチは・・・うーむ。(爆)
ま、でもソフィアの頭の中を覗きに行くつもりでの鑑賞予定なので
キルスチンは、まあ置いておきます。ふふ。
そういえば最近のソフィアの同行を調べていたら
タランティーノとは別れてフェニックスのメンバーと付き合ってるらしいです。
http://www.myspace.com/wearephoenix
前作に続いて今回も音楽で関わってるみたいだし。
やっぱり同じ立場(映画監督)と付き合うのは難しいのかもねえ。
てか、タランティーノ・・・ビミョーだな(苦笑)

URL | タラ #- | 2006/04/30(日) 03:23 [ 編集 ]

  待ってました!!
タラさん、お帰りなさい!! あの日、突然のタラさんのブログのお休みになってから抜け殻のような生活を送っておりました・・・ タラさんのブログを拝見させていただくようになってから、所帯ヤツレで忘れかけていたオサレ根性に再び火がつき、またオサレの楽しさを満喫する日々を送らせていただいてます!!
とにかく、お帰りなさい!! これからもクローゼット祭り、ケイト & シエナのファッションチェックなどなど、楽しみにしています。 これからもどうぞどうぞ宜しくお願いします。
URL | yukadesu #- | 2006/04/30(日) 14:40 [ 編集 ]

 
>yukadesuさんへ
ただいま帰りました(笑)
旧ブログに書きコメ下さってました?もしかして見つけて下さったのかな?
抜け殻だなんて滅相もない(うはは)そこまで影響力無いですよー(まぢで)
でね。ケイト&シエナのファッソンチェック・・・たぶん、やんないと思うんです。
再開すると絶対に今までと同じスタンスを期待されちゃうと思ったので
まだ多くの方にお知らせするつもりも無く(申し訳ないんですが)
だって期待はずれなものを無理に読ませるみたいで悪いから(笑)
今回はホントに自分の好きなものだけ、書きたいものだけってとこから
始めるつもりなんですよ。なのでゴシップも少なめに。
クローゼットも全開出来るかわかりませんが(限界もあるし)
小出しには自分祭り開催する予定です。
こんな相変わらず、我が儘ブログですがお付き合い頂けたら幸いです。
URL | タラ #- | 2006/04/30(日) 15:09 [ 編集 ]

 
タラさんお帰りなさい(涙) 旧ブログを娯楽のない北欧生活の毎日のお楽しみにしてました。
遅い桜とともにタラさんの新ブログ、しかも私の大好きなフリルにリボンの世界~。
でもアンジーネタはもっと大好きなのでそちらも待ってます。よかったアンジー出産前で。。。。

URL | ミホ #- | 2006/05/08(月) 09:06 [ 編集 ]

 
>ミホさんへ
いらっしゃいませ。お久しぶりです。
あら、北欧に住んでらっしゃるの?(てか、前に聞きましたっけ?爆)
じゃあ、そのうちオーロラ見に行く時は、どんぞヨロスコ(←まったく未定)
今回は、この画像を見て思い立って再開しちゃったんですよん。
だけど以前とは違う内容も含めてユルく、運営していくつもりです。
アンジーネタもユルーいスタンスでアップするつもりなので
物足りないかもしれませんが、また可愛がってやって下さいませ。
URL | タラ #- | 2006/05/08(月) 19:08 [ 編集 ]

 
こんにちはv-254
前回最後のときにコメントさせていただいた者です。遅ればせながら本日偶然めぐり逢うことができ、うれしくてさっそくコメントしてしまいますv-238再開してくださって本当にうれしいです!
これからもタラさんのペースで素敵な記事を書いてください。楽しみにしてまーす。
URL | lulu #- | 2006/05/19(金) 11:22 [ 編集 ]

 
>luluさんへ
いらっしゃいませ。そして発見してくれてありがとうございます。
旧ブログではお世話になりました(笑)
やっぱり縁のある方とは、こうして何かで繋がることがあるんですねー。
旧ブログとは違うスタンスで運営してますが、今後もヨロスコで!
URL | タラ #- | 2006/05/19(金) 14:49 [ 編集 ]

 
v-315タラさん、おかえりなさいませ~

みっけちゃいました。最新の記事からさかのぼって
じっくり拝見いたしました。クローゼット祭りも健在で
ウレシイかぎりです!!

旧ブログも大好物でしたが、newタイプも、なんとゆうか、より絞り込んでチョイスされたタラさんセンス満載って感じでいいわ~。
タラ中毒再発しちゃうなー。


URL | さー #gIYQI5Sw | 2006/05/21(日) 03:04 [ 編集 ]

 
>さーさんへ
あらー。これまた見慣れたHN!いらっしゃいませ~。
発見して下さってありがとうございまするー。
好意にして下さった方にも、まだお知らせはしていないんですが
やっぱり縁のある方、好きな世界が同じ方とは自然と繋がるものなんだなー。
と日々、実感している次第です。
旧ブログのようなゴシップ満載のお役に立てる?ブログでは有りませんが、
お気に召して頂けたら幸いです。また可愛がって下さいねん。

URL | タラ #- | 2006/05/21(日) 06:37 [ 編集 ]

 
こんにちわ~。
タラブログ再開オメデトウゴザイマス!
これが噂のマリーのやつかぁ!!
画像だけでもよだれが・・・。
ああ、ガーリー万歳。
キルティンの小憎たらしい笑顔が
地でやってるとしか思えない・・・。

それにしても公開が楽しみ。
ソフィア監督のは、内容うんぬん、映像見てるだけでしゃーわせでございマウス。
URL | mitsu #OuYs4qvQ | 2006/06/01(木) 12:46 [ 編集 ]

 
>おみつちゃんへ
いらっしゃいませ~。
そうなの。この美しい画像が動いた時にどうなるかってのが、また見もの。
ソフィア曰く、キルスチンを頭に描きつつ、この脚本を執筆したらしいので
作品中のマリーアントワネット=キルスチンだということよん。
てか、マリーもそうとうな性格の持ち主だったみたいなので
ある意味、適役だったかもしれないと思ったり(性格知らんけど)
顔がね、もうなんかイジワル系で良い。うはは。
URL | タラ #- | 2006/06/02(金) 16:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/1-eff2dc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  『Marie Antoinette』
『Marie Antoinette』2006年公開予定監督:ソフィア・コッポラ主演:キルステン・ダンストゴージャスならお任せのコッポラファミリーご令嬢ソフィアと、美人なんだかよくわからんが、どうやら飲んだくれらしい、キルステン・ダンストが再び組んだコスプレムービーでご....
M’s Diary | 2006/04/26(水) 19:13

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。