***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 taraCinema 珠玉の名シーンスペシャル1
アッという間に4月も半ばを過ぎてしまいましたねー。サクラもほぼ散って(シツコイ)ホントに春なのかよ?と疑いたくなるくらい冷え込む日々も続いておりますが、今日もまた雨の一日になりそう・・・。たしかに雨降りはメンドイこともいっぱいあるんだけど、どちらかと言えば嫌いじゃない。この気怠さというか、アンニュイなムードも悪くはございませんもの(毎日じゃヤだけど)。

で、思いついたのが皆様と共に楽しむあの映画の名シーンスペシャル(笑)。最近は脳みその中のデータベースを引っ張り出して、昔観た映画のイロイロを思い出してはカクニンする作業なんかに忙しい(頭の中だけだけどね)アタクシ。タラログ読者はガーリー熟女はもとより、お若い方も少なくはないと思うので、久々に懐かしいあのシーンに浸るも良し、新鮮な興味を持ってDVDチェックして頂くも良し。一応、一貫テーマとしておりますのは「センチメンタル」ですからにして、きっと皆様の心のどこかに残る(もしくは残っている)シーンをがお届け出来ると思います。

改めて鑑賞し直したアメリカンニューシネマの傑作「明日に向かって撃て」から。昔観た時より、西部の自然の中を馬に乗って悠々と行くブッチ(ポール・ニューマン)とサンダンス(ロバート・レッドフォード)の姿も、なかなかイカす!と思ってしまったのは我が身の年輪ゆえのものなのか?(苦笑)。だって以前は「西部劇ってこういうシーンが多くって退屈なんだよなー」と思っていたんだもの。それでもエッタ(キャサリン・ロス)とブッチのこのシーンだけは、永遠のチャーミングなシーンとして印象深い。だってバート・バカラックの曲「雨にぬれても」を聞いただけで泣きそうになっちゃうもん(やっぱ年か)。

今のインディペンデント映画の先輩格に当たるアメリカンニューシネマ。撮影技術や音楽の使い方もカッコいいけど、俳優達が生き生きしてるのがまた素敵。シエナとライザ・ミネリを足して二で割ったようなキャサリン・ロスは「卒業」の時より、この作品が旬だったのでは?ってくらい輝いてます。イケメンアウトローの二人を引き立てる清潔なお色気がガーリーです。



「雨にぬれても」

頭に雨が降りかかる
足のはみ出るベッドの様に世間は住みにくい
ひっきりなしに落ちる雨粒
だから太陽に言ってやった
仕事をさぼる奴は嫌いだと
雨はやみそうにもない
でも俺は平気さ
これ位じゃへこたれない
幸せは目の前に来てるんだ
頭に雨が降りかかる
でも俺は泣かないぜ
涙は似合わない
雨を恨んだりしない
何が起ころうと平気さ

あらすじが知りたい方はコチラ(ネタバレあり注意)。



バート・バカラックと言えば、映画音楽の神様(は言い過ぎかな)みたいな方。「明日に向かって撃て」の音楽賞、この自転車シーンの「雨にぬれても」の主題歌賞をオスカーで獲得。とにかく全編に流れる音楽のセンスが西部劇とは思えないほど秀逸な作品なので、それも当然なんですが・・・。アタシの大好きな「ニューヨークシティー・セレナーデ」の作者でもあります。他にもとにかくバカラックの曲には好きなのがイッパイあるんだけど、こんな作品にもコステロと一緒に本人出演してたんですね。ヤケに嬉しそうに演奏してるのがカワイイ。




taraCinema GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2008/04/18(金) 16:37)

<<taraCinema 珠玉の名シーンスペシャル2 | ホーム | taraMusic お花見ダンシングスペシャル4>>

コメント
 
あー、この曲聴いたことある~。
けど映画の曲だったんですね、それは知らなかった。
このシーン、すっごいぃぃぃぃ胸キュン♪
夕日とか二人のかわらしさとか自然とかそしてこの曲なのですね。ホント泣きそうになるなぁ~。
タラさんありがとう~!!!

ところで、このスカートのはだけ具合(生脚加減)なんかBBちゃんにも似てるなぁ~と思いました。

URL | mitsu #OuYs4qvQ | 2008/04/20(日) 22:03 [ 編集 ]

 
「明日に向かって撃て!」を取り上げてくださるだなんて、さすがだわぁ。
このコンビだと「スティング」の方が映画的には好きなんだけど、
自転車のシーンを見ちゃうと、心揺らぎますなー(笑)。
私もキャサリン・ロスはコッチの映画の方が好き。
清潔感があって、賢そうに見えるんだもん(笑)。

URL | ruby #xNtCea2Y | 2008/04/20(日) 22:17 [ 編集 ]

 
>おみつちゃんへ
たしかに映画より、曲のほうが有名ってのはあるよね>バカラック。
でも映像と合わせてみると、ナルホド!とゆーか、このユルさが納得でしょ?
エッタはサンダンスの女なので二人は恋仲ではないんだけど
何気に禁断の?リンゴをエッタに食べさせたり(笑)
全編にすごく洒落たウィットがあるのも名作たる由縁だと思う。
>このスカートのはだけ具合(生脚加減)なんかBBちゃんにも似てるなぁ~
ホンマだ!(笑)けっこう狙ってるのかも。無造作な髪とか。うはは。
衣装もイーディス・ヘッドが担当していたらしく!
どおりですべてがやっぱり洒落てるはずだと改めて納得しました。

>ルビちゃんへ
イエイエ。たまたま見直した作品だっただけ(苦笑)
でもこのシーンがもう一度、見たくって見直したのはたしかだケド。うひゃひゃ。
スティング!男達のドラマ好きな奥様がお好きそうな作品ですわ(笑)
こっちはポール・ニューマンがカッコ良かったよね。
でも「俺達に明日はない」を見直して、これはレッドフォードが良いな。
って思っちゃったよ>ブラ父さんの影響か?(笑)
監督も同じだけど、全編に流れるユルさが、なんか気分♪だったよ~。


URL | タラ #- | 2008/04/21(月) 10:42 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/152-be0c5d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。