***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 taraMusic 夏祭り青田買いスペシャル1
おばんどす。前回アップした「ハロルドとモード」は鑑賞してくれたかな?うひゃひゃ。ご好評を頂いた(?)ジャネット特集の「湿気払いスペシャル」を一時中断して(苦笑)お届けしているミョーに飽きっぽいタラログでございます。今回は久々にエアチェックしていて発見したインディージョーンズ!(もう見た?)否、インディーズ・アーティストの動画をYouTubeから拾って参りました。きっとミューズィックラバーな皆様なら既に知ってんど!とお叱りを受けてしまう音源かもしれませぬが、青田買いを始めると意外に楽しく止まらないもんですから(笑)覚え書き代わりにバンバン、アップしていきまっせー(飽きたらゴメンね~)。

thebees-1


まずイングランドは港町ベントナー出身のバンド「The Bees」をフューチャーしてみました。2003年に米国でリリース(英国では02年)されたファーストアルバム「Sunshine Hit Me」より3曲のスタジオセッションビデオ。ベントナーは「Isle of Wight International Jazz Festival」っていうジャズのお祭りが開催されることで有名な町のよう。なので彼らの音楽的ルーツが垣間見れるような気も致しますが、ジャミロクアイを彷彿させるファンクミックス、ユルめアーバンな(爆)サウンドにハマってしまいそうです。ちなみにアタシは一曲目の「Angryman」が好き。




もっと掘り下げて知りたくなってしまったアナタのために・・・



日本では無名な存在っぽいですけど、お膝元のグラストンベリーにも出演してるし、インディーシーンでは人気者のようです。もしかして既に来日済みだったりするんでしょうか?ファンクやゴスペルと言ったレトロなブラックミュージックをリスペクトする彼らは、他にもカントリーミュージックや懐かしのデ・ラ・ソウルなんつー、オールドスクールなお洒落ラップミュージックも意識しているみたいだし、音を聞いててもセンスが良いことは間違いありませんな。

英国公営放送BBCで紹介された彼らのミュージックライフ。



米国用プロモーションビデオ「The Country Life」これはこれで好きな感じ。

taraMusic GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/07/05(土) 20:00)

<<taraMusic 夏祭り青田買いスペシャル2 | ホーム | ガーリーがやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!>>

コメント
 
タラさーん。もう感動ですー。青田典子もびっくり青田買いさせて戴きました!!(感動)たまたまワイン片手に(あんまり美味くない貧乏箱ワイン)PCの前座わってたのですが、曲が始まった瞬間から一人PC隔てて、遠隔パーティーですよ。。あー、かっくいー。昔、シドニーで聞いてたファンクバンドのギグを思い出して、Youtubeでチェキってみたら、ボーカルのオジさんが実は今年3月に病気で亡くなられてたのを知ってショックで。。音楽との出会いってなんか一期一会なのではないかと。。出会っってしまったら、もう、思う存分味わいたいです。。ありがとうございました!


URL | のりこ #MiGEEDp. | 2008/07/07(月) 23:12 [ 編集 ]

 
>青田のりちゃんへ
上手いなー。さすが、のりちゃん上手いとこに架けてくるな~(大笑い)
しかもワイン片手にって、このミューズィックにピッタンコなフィーリングでねぇのぉ。
アタシなんて今、枝豆食べながら返コメ書いてるっつのさ。
なんてライフスタイルのお洒落度に差があるんだ~(苦笑)。
このバンド、取っ掛かりはB系をルーツにしているんだろうけど
「続き」にアップしたカントリーロック?とか、幅が広いとゆーか
器用だし、音作りのセンスもすごくいいんだと思うんだよね~♪
まあ自分の好みを中心に考えてですが(笑)温かみを大事にしてる感じがツボです。
>音楽との出会いってなんか一期一会なのではないかと。。
同感。音楽も文学もアートも映画だって何だってそうなんだよね。
結局、自分が生きる時代は選べないから文化背景だって一期一会なわけでしょ。
でも突き詰めて考えると同じ時代に生きて一期一会を共有して
「コレっていいよねー」と言い合える人同士こそ「出会い」なのかも。
だから、のりちゃんみたいにストレートに伝えてくれる人と出会えるのは素敵。
そのためにブログもガーリンもやっているようなものです。
URL | タラ #- | 2008/07/08(火) 22:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/162-ccafb5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。