***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ガーリー番長のお時間です
sofiaisback-1

ガーリーな視点を大切にしていると言いつつ、ここんトコ、あんまり関係があるとは思えん話題でお茶を濁して来たタラログでございます。それは書いているアタシも知っています。ガーリンが始動してから、ガーリーな視点が分散しちゃってるというのもございますが、ブロガー人口が世界一多いと言われている日本のネット界(アフィ専用のブログも含めてなんでしょうけど)。最近はガーリーを意識したオシャレで可愛いブログも本当に増えていて、アタクシもガーリー嬉しい悲鳴をあげておりますデス。もしタラログにお越しのお客様の中で、アタシもブログをやってるよー!なんつー方がいらっしゃいましたら、相互リンク等のお声をかけてくださいませね。同じガーリー感性を持つ者同士として、やはり輪を広げて行くのは大切かと。ガーリー界も「変革」の時に来ております(ホンマかいな)。

そして最近はあまり興味を惹かれるような大ネタも釣り上げられずに(あるにはあるんだけど出し惜しみ。笑)いたアタシ。が!ココに来てヴィジュアル的にもミューズィック的にもガツーンとやられた感のネタ発見。こりゃあ、慌てて取り上げなくっちゃ!ということで、さっそく真剣に書き始めたというわけです。それもそのはず、今回のネタは我らがソフィア番長の産後の監督復帰作第一弾!夏頃にWWDなどの業界プチニュースで、番長がクリスチャン・ディオール社のフレグランス「Miss Dior Chérie」のテレビCMを監督することに決定したというのは、小耳に挟んではおりましたが、詳細もわからんし、今一つソソラレない印象を残したまま、今に至っておりました。その後、ガーリンのPOSTでも編集部がアップしてくれた情報のとおり、ルイ・ヴィトンの環境活動の一環として「旅」をテーマにした広告のコラボレーションにパパ・コッポラと参加しているのを聞いて、コッポラ家お得意の知的なカッコ良さに胸打たれたり(以下動画参照されたし)。



そして立続けに、コムデギャルソンの次にルイ・ヴィトンとデザインコラボをするのが、ソフィアに決まったというニュースを聞いて胸躍らせたり(こちらもPOSTに書き込みしてあります)とにかく番長が何か始める気満々らしいというのは、周辺の動きを見ていて感じておりました。で、やっぱりやってくれたよ、おっ母さん(誰がよ)。今月10日に放送された全米人気番組「Gossip Girl」のスポットで初登場したようなのですが、とにかくこのヴィジュアルを見てけれ!(ムービーはコチラから)起用モデルはベルラーシ出身のマリナ・リンチュク(たしかこの前はエルヴィス・プレスリーの孫だったような)。番長のサポーターであるガーリー達を裏切らないキャンディー・ポップな世界観。しかもクリスチャン・ディオールの生活感ゼロ!(笑)、おフレンチ女万歳!讃歌な出来あがりは感動的でもあります。一見、他のクリエイターにも思いつきそうなカジュアルさがありながら、音楽にブリジッド・バルドーの「Moi, Je Joue」を持って来るところなんて、まさにノスタルジー好きなコッポラ家の血筋(コーフン)。

マリー・アントワネットで世界中に拡充したソフィア番長のコアなファン層を、ディオールの顧客に取り込んじゃおうと勢いある戦略すら感じる、ちょっと懐かしいスイートなショットの数々もファンには嬉しいところでございます。この商売は商売と割り切ってソフィア・コッポラのカラーを切り売り出来る如才のなさも、やはり子を産んで母としての自信が出て来たところなのかしらん。そんな産後の肥立ちもモノともせず、傍で見ててもLVグループとの絆をドンドン深めているようにも見える(ディオール社はグループの傘下)我らがビジネス番長。ヘラルド・トリビューン紙でスージー・メンケスによる番長のインタビューを発見しましたので、例によってアタクシがスージーに成り変わり(笑)お届けしたいと思います。



タラ(以下タ):ロミーちゃんはいくつになったの?
ソフィア(以下ソ):今月で2歳になったわ。
タ:時間が経つのはアッという間ねー。アナタ自身も37歳になったんだっけ?
ソ:若い時は早く大人になりたくて仕方がなかったわ。ティーンネイジャーでいるよりも、40代になるほうが自分には向いてると思ってたんだもの。
タ:それって意外ね。でもアナタの少女っぽい外見と熟成された内面のギャップは魅力的だと思うわ。以前、「妄想百貨店」で、そのギャップに注目したアナタのパーティースタイルについて書いたんだけど、反響が多かったのよ(笑)。
ソ:私はラクな格好が好きなのよ。だってほらカリフォルニアンだから。ガチガチ過ぎるのやコスチュームみたいなものは好きじゃないの。
タ:それはアタシもそう妄想してたわ。でもアナタのクチからそう聞けて嬉しい(笑)。でもそのユルい感覚みたいなのは仕事のベースでもあるような気がするんだけど。
ソ:そうね。ハリウッドのシステムの中にいると感じたことは一度も無いわ。父が北カリフォルニアに引っ越したのも、「独立精神を持ってやりなさい」ということだといつも感じてたし。
タ:それでまず、ファッションブランドを立ち上げたの?アナタにとって、やっぱりファッションは自己表現の核なのかしら?
ソ:ファッションは大好きだし、エンジョイ出来る何かではあるわ。でも私にとってそれが一番じゃないわね。写真やアートを収集するほうが好きだったりするもの。
タ:今回のルイ・ヴィトンとのコラボレーションのことについて聞かせて。もうデザインは終わったのかしら?いつからの展開になるの?
ソ:今年の夏中、ルイ・ヴィトンの本拠地に通って製作したのよ。そのひとつがコレ(上画像でソフィアが持っているバッグ)。名前はSCっていうんだけど、かなり考えたわ。だってソフィアの名前はすでにマークのラインで定番になっているしね。それからデザインでこだわったのは、ハードウェアがあまり目立たず、シックで控えめな感じで、軽くて大き過ぎないもの。自分が欲しいと思うバッグを作ったの。

sofiaisback-2

タ:製作過程のエピソードがあったら聞かせて。
ソ:とても楽しかったわ。私はクリエイティブな人間なのね。私の一番の関心事は映画製作で、だからモノ作りの時も映画の中でするのとまったく同じように出来るのよ。
タ:映画製作はいつ頃になる予定?
ソ:今、脚本を書き始めているところだから、来年くらいに一本製作出来たらいいと思ってるわ。
タ:ところでフルコレクションはやりたくならないの?
ソ:絶対に無いとはいわないけど、私には一部始終を習う忍耐は無いと思うわ。プロポーションは知っているけど(笑)。洋服のデザインはノンストップでしょ。映画製作が好きな理由に夏休みが取れるというのもあるわね。
タ:コレクションは日本でまずローンチされるって聞いたんだけど。
ソ:来月の5日に日本のルイ・ヴィトンでローンチパーティーをやるの。だからもうすぐ来日よ。その後、3月からが世界展開になります。
タ:あら!!もうすぐじゃない?アナタ自身のブランド「ミルクフェド」も日本が拠点よね。
ソ:初めて来日したのは20代の頃。まるでティーンネイジャーの女の子が日本中を旅して廻るような、そんな旅だったわ。
タ:アナタがかなり日本に思い入れがあるのは、日本中のファンも知っていることだけど、やっぱりファッションとかライフスタイルってことになるとフランス?(笑)。
ソ:パリの女性には確立されたスタイルがあるわ。彼女達は少女でいようとはしていないのよね。一般に人々はパリの中に入るとよりシックになるわ。アメリカのスポーツウェアは、まったく(フランス風の考え方を)引き継いでないの。私は成熟して女性でいるという考え方が好きよ。子供時代には終わりを告げて、でも自分のネイチャーな部分は保ち続けるのが良いわね。
タ:同感だわ。アタシも最近はずっと、ただ若さに任せた甘いだけの「ガーリー」じゃない「ガーリー熟女」という感覚を手探りしてるんだけど、アナタにそう言われて自分の求めているものもハッキリしてきたような気がするわ。今日はどうもありがとう。


sofiaisback-3

いかがでしたでしょうか?アタシと番長の妄想トーク(爆笑)。とは言え、番長のトーク部分はすべて彼女の言葉、あるいは事実に基づいたものを直訳しておりますので、安心してお読み頂ければ幸いです。さてさて、インタビューにもあったとおり、ソフィア番長の来日はもうすぐ!クーッ・・・会って本物のインタビューが出来たら!こんなに素晴らしいこともないわけですが、どなたかアタクシを番長に会わせてあげるよー。なんつー、心の優しいコッポラ関係者の方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。いやまぢで。注目のSCバッグですが、ソフィアが膝に乗せているものの素材違い、LVモノグラムのもので1,600ユーロ、2,190米ドルだそうです。開口部が大きく作られているので、モノが取り出しやすく、インナーには携帯用のポケットも。他にもポシェットになるクラッチ(800ユーロ)があり、こちらにはソフィアのたっての希望でミラーがついているんだそうよ。何はともあれ、番長も始動してガーリー周辺はますます楽しみです。


【12月5日追加】「Miss Dior Cherie」のPV完全版がアップされてました♪


そしてご本人がどういうスタンスであれ、番長とファッションは切り離せません。





なので改めて作ってみました、ソフィア番長のリトル・ブラック・ドレス・アルバム!



こちらはパリにて。シャネルの09年のSSコレクションに駆けつけた番長。


ちょっと前のものですが、ファッションTVのソフィア特集。


96年の秘蔵ビデオ。パパとランチ中の番長。話題は「子作り」というのが、さすがのラ・ファミリア。10年後には達成しているわけですから大したものです。


イタリアで放送された番長特集。マリーアンターネットって、アンター(苦笑)。

SOFIA GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2008/11/26(水) 13:22)

<<taraMusic師走のアイドルスペシャル1 | ホーム | VIVA LA OBAMA!>>

コメント
  待ってました!
タラさんどもー、ゾエ・カサヴェテスよ♪
いつもソフィアのことを気にかけてくれてありがとう。
彼女とは才能ある両親持った者どうし何かと共鳴することが多くてね、
わたしも監督としてついに映画を撮ったのよ。
「第2のソフィア・コッポラ」って自分の映画のオフィシャルに書かれちゃうのはどーよ?
って思うんだけど、仕方ないわね。親友だもの。

ギャハハハ!
妄想劇場に仲間入りしてみました。
ソフィアのFirst LookはLVMHからなのね~。
ちょっとお値段が心配だけど本当に楽しみ♪
タラさんはいずれソフィアとコラボできる日が来ると信じて疑わないゾエでした。
URL | やーわんこ #- | 2008/11/28(金) 15:05 [ 編集 ]

 
>カサヴェテス家の秘蔵っ子さまへ
どーもー、お久しぶりです。いらっしゃいませ♪
こちらこそ、番長の影となり日向となってくださっていつもありがとう。
「ブロークン・イングリッシュ」のことは知っているわ♪
番長もスクリーングの時には出席してたものね。
パーカー・ポージーを主役に持って来たところなんて、さすがカサヴェテス家。
濃ゆいインディペンデント魂を感じてるわ(笑)。
アナタのほうが、ガーリー熟女として完成されてるのかもしれないわね。。
と、いうわけでアタシも妄想にお付き合い(笑)。
この作品、ジーナもそうだけど、ボグダノヴィッチ監督とか
70年代の大御所も出演してたり、キャスティングも洒落てるよね。
第二のソフィアは無いだろーって感じだけど(苦笑)
アタシもぜひ見たいと思ってた作品です。
兄のニックもたしか撮ったよね。もうちょっとメジャーなやつ。
>ソフィアのFirst LookはLVMHからなのね~。
この画像?はヘラルド・トリビューンから。映像はLVだけど。
パッと見、かなり地味なバッグだけど、どうやら靴はガーリーみたいだよ。
インタビューでも70'sにインスパイアされたって言ってたし。
>タラさんはいずれソフィアとコラボできる日が来ると信じて疑わないゾエで
うはは。精進して参ります。
URL | タラ #- | 2008/11/29(土) 12:52 [ 編集 ]

 
タラさん こんにちは♪ 随分前の記事にコメントスミマセン(>。<)

ここ最近は右カラムの「ガーリー番長のお時間です」のラインが大好きで、いつもいつも見てます。それでいて、タラさんブログに来ると、やっぱりこうやってソフィアのページをクリックしてしまう。

なんか私自身が今異常にピンクモードで(-。-;)Miss Dior Cherieのピンクと、CMの彼女が着ているシルク?のワンピース♪そのベビーピンクがたまらなくって~ついコメントしてしまいましたー。Cherie欲しいなぁ~つけていく場所がないけど・・・(-。-;)どんな香りなんだろ・・・ソフィアも愛用しているのかしら??
URL | やみな #NkOZRVVI | 2009/04/30(木) 03:14 [ 編集 ]

 
>やみなさんへ
返コメが大変遅くなりましたー。ごめんなさーい!!
>随分前の記事にコメントスミマセン(>。<)
イエイエ、こちらこそご無沙汰しておりましてすみません。
>ここ最近は右カラムの「ガーリー番長のお時間です」のラインが大好きで
うわ~~~、マニアックですなー(笑)。
やみなさんのような読者がいてくださると、さらにアタシもオタクに磨きがかかります。
実は人知れず?密やかにアフィリエイトお試し中でして・・・不況ですしね(爆)
いや、今までスルーして来たネットスキルにチャレンジ月間なんですよ(これホンマに)
出来るだけ若者に遅れを取らないように必死です。ギャハハ。
>どんな香りなんだろ・・・ソフィアも愛用しているのかしら??
タラログで紹介しているシェリーはアジア仕様ってことなので
湿気のあるお国柄に合わせて爽やかな香りじゃないかと思います。
ソフィアもきっと持ってるんじゃないかなー。飾っとくだけでも可愛いし、
以前、ソフィアの洗面台のコスメが雑誌に掲載されてたけど
女子の夢を具体化したようなクロゼットぶりでしたよー。
実際に使わなくてもボトルが可愛いとかって理由だけでも彼女って買っちゃいそうじゃない?


URL | タラ #- | 2009/05/05(火) 15:03 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/189-5e24cf0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。