***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 4EVER 4EVER 4EVER
マイコーファンの皆様こんにちは。弊ブログにどれだけのマイコーファンの方が集まってくださるかはわかりませんが、本国よりちょっと早めのプレゼントが届いております。映画監督スパイク・リーが友人マイコーとマイコーファンに贈る「This Is It」のオフィシャルPVです。マイコーはいつだって自分がどこから来たのかを知っていたし、自分のルーツを理解していたと、マイコーへの追悼インタビューで語っていたこともあるスパイク。マイコーとは1歳違いで、同じジェネレーションで、ジャクソン5と共に育ってきたスパイクは、子供の頃にマイコーと同じような大きなアフロにしていたので(時代だねー)、女の子達に「マイコーに似てる」と言われるのが嬉しかったとか(笑)。そんなある日、マイコーがスパイクに「新しいアルバムのPVを作りたい」と電話をかけてきて、スパイクが「じゃあブルックリンの我が家へ来て」と言ったらホントに来ちゃったという可愛いマイコー(笑)。そこから二人の友人関係は始まったわけですが・・・。

この最新PVは過去の画像や映像をパッチワークのように繋いだスパイクらしい彼らのルーツとファミリーへのリスペクトに溢れた作品になっています。子供時代からのマイコーを織り込んでいるのもハートフルで思わず癒されてしまいますが、アーティスト・マイケル・ジャクソンの姿の合間に挟み込まれた自然体の彼が印象的です。アタシは車の中からファンに手を振り続ける彼の横顔に心が打たれました。緊張しながら観たせいか映画では泣けなかったけど、このPVでは泣いてしまったわ。昨日オンエアされてすでに1万回近くアクセスされております。マイコーが亡くなってからまだ半年(もう半年か)やっぱりフォーエバーだね。ラストでマイコーが帰って行く場所。必見です。



スパイクが監督したのはこの作品だって知ってた?




それはご存知「They Don't Care About Us」なんですが、この二部作とも彼の作品。まずはブルックリンで撮影されたプリズン・バージョン。マイコーはスパイクの自宅に新しいアルバム「HISTORY」を持って来て、キミに作ってもらいたいのはこの曲なんだと「Stranger In Moscow」を提示したらしいんだけど(てか、これも彼一流のジョークでしょ)スパイクが俺が作るならこっちだろっていう話になったんだとか。ホントかね(笑)。常に人種差別への怒りを炸裂させる作風を得意とするスパイクなので、この撮影はさぞかし有意義だったでしょうね。マイコーも勢いがスゴいです。



ブラジルで撮影されたストリートバージョン。上のプリズンと続き物になっているのが洒落てます。マイコーはいつでも自分の心の叫びを歌にダンスにして世界中に理解を求めていたんですよね。自分の中から湧き出るものを他人に伝えるのはとてもたいへんな作業なのに、そのイメージを相手に理解させられる才能は素晴らしい。これは映画のマイコーを見てて感じたこと。当然スタッフも優秀なわけですが、彼のバイブレーションがやっぱりスゴいのだと思う。
MICHAEL GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/12(土) 15:53)

<<茶の湯の国のアリス | ホーム | 夢みるマドモワゼル in 上海>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/251-ba3aba41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。