***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 妄想の泉 UNRATED
mrandmrssmith-1

お待たせ致しました。って、別に待ってない?(爆)。ま、そうだろーとは思っちゃおりますが、以前より出る出ると騒がれていた「Mr. & Mrs. Smith」のUNRATED(ノーカット版)DVDも先月無事に発売され、ドリームベイビーの誕生といい、色んな意味でブランジェリーナ解禁ムードが濃厚なゴシップ界でございます。ブランジェリーナの動向を旧ブログから読み続けて下さってる皆様は、旧時代に置いて未来を目指し進化し続けた猿人類の如く(なんちゅー例えや)今さら感が漂いっ放しの解禁劇ではありましょうが、これも全てシナリオです(ホンマかいな)。カーッと燃え上がるような道行きの恋に落ちた二人であったとしても、コツコツと育んだ地道な愛が次第に評価されてゆくっつーのは世界共通のお約束。いやあ、世間様のバッシング、ワールドワイドな好奇の視線に絶えながら、養子を取り、実子を作り、産み、育て、ここまで良く頑張った。その頑張りは元嫁ジェンを始めとするブランジェリーナの周囲の人々にも同様に言えること。有名税とは言え、ここまで夢のあるオモロいゴシップを提供してくれたことにまず御礼(笑)。今後は恐らくショッキングなゴシップネタは沈静化されて行くでしょうが、それでも世界一セクシーなカッポーとしての使命は果たしつつ、人々が思わずウットリしてしまう、庶民には出来ない偉業を変わらずに成し遂げて頂けたら幸いです。

mrandmrssmith-2

で、本日お届けしてるのはそのノーカット版DVDに収められているフォトアルバムの中のボーナス画像の数々。ノーカットということで、当然、注目のあんなシーンや、こんなシーンをはじめ、劇場公開版では見られなかったものを含んだロングバージョンなんですが、他にもダグ・リーマン監督やスタッフ、出演者によるロングインタビューやコメンタリー、メイキングシーン、NGシーンなどファンで無くとも見応え満載の大サービスな内容になっております。これ日本でも発売されるといいですねえ。否、発売されると思いますよー。でなきゃ、もったいない(何が?)。アタクシ、発売されてからトーゼンすぐに購入し、この話を早くアップしなくっちゃ!しなくっちゃ!っと思っていたんですけども、なんせゴシップから離れて長いもんで(ウソをつけ)この手の話題に関して速攻でお届けする癖が抜けちゃってます(うは。スンマソ)。なので、もう既にどっかで目にしちゃってる方もいらっしゃるかと思いますが、久々のブランジェリーナネタだからね、まあ、そう言わずに見てってよ(爆)。

mrandmrssmith-6

こうして旧ブログ時代から長きに渡り、ブランジェリーナの動向を勝手な妄想と共ににお届けしているわけなんですが(なんだかんだ言って一年以上経ってるよ)ブログを読んで下さってる方から聞かれる、ないし言われるのは「ブランジェリーナが本当に好きなんですね」もしくは「好きなんですか?」と言うこと。はい、好きですよ(爆)。いや、でもピュアなファンっていうのでは無いような気がするんですわ。実際、この二人の熱愛騒ぎにブチ当たるまでは、はっきり言って興味はございませんでした。最初はただのオモシロがり。あのブラピが浮気だって?それも相手はあのアンジーだって~!ってなミーハー魂を揺さぶられるキッカケがアタシのブログ人生を変えた!(ンな、大袈裟な)。で、紆余曲折はありながら、二人のことを深く掘り下げてリサーチして行くにつれ、徐々に理解も深まり、こうして今に至るわけでございます。中でもアンジェリーナ・ジョリーという女性のことは知れば知るほど面白く、この多才で多面的な顔を持つ女優は、今はバッシングを受けていても将来的には世界中の多くの人から共感性を持って受け入れられる人物なんだろうな。と感じられたし、現にスキャンダルでイメージダウンの一途を辿ったり、消えて行くスターも多い中、アンジーの場合、それを逆手に取った形で昇華させている。シナリオ有りきでありながらも(半ば決めつけ)自分の役割を理解し、キッチリと演じている賢さは傍で見ていても気持ちがいいほど。恐らく(今もって)アンジーが嫌い。許せない。っていう人は、彼女のその賢さの部分がイヤなんだろうとお察ししますが。

mrandmrssmith-33

いや、アタクシもこの場に及んでまで何もここでチーム・ジョリーを増やそうっていうつもりはありませんので(笑)アンチの方も安心して読み続けて頂いていいんですけども、せっかくDVDもノーカット版を一挙放出したわけだし、あんなに産まないと言ってたアンちゃんもシャイ子たんを一挙放出したわけだし、アタイも僭越ながらブランジェリーナへの想いの丈を一挙放出してみっか。っつーわけでして。うほほ。って言っても、真性ファンじゃないからさ。今後のブランジェリーナの動向によっては自分の気持ちが変わって行く可能性も秘めている。でもそこが、このカッポーのウオッチングをする醍醐味のような気もするわけなんです。まず、家族がドンドンと増え続けていくだろうという期待。それも意図的なのか偶然なのかはわかりませんが、個性豊かなメンバーで構成されているってのが楽しい。そして子供達のことを世間に隠そうとしない太っ腹な面も素晴らしい。だって、どんなに隠したところで無駄なことは素人のアタシ達にだってわかるセレブ界。心の底ではイヤだと思ってるだろうけど、逆に隠さないことで親として自然に生きようとしてる姿が感じられるんですよね。だってそうでしょ?親がセレブだったら、その部分も享受して生きて行かなければ強い人間になれないもの。たぶん、この辺で父親がオスカー俳優だったアンジーと普通の家庭で育ったブラの意見に相違がありそうな気もするけど、常にアンジーの考える子育て法で仕切ってる感じがまた良し(笑)。

mrandmrssmith-24

万が一、それが正しくなかったとしたっていいんです。100%正しい子育てが出来る親なんて、この世に存在しないんだから。そもそも子供の存在自体が未知数なのに完全な関係を求めるほうがオカシイ(とアタシは思う)。で、ブラはアンジーのサポート役としてヒッソリと添い遂げればいいんです(それが彼の役目です)。外見がカッコ良く生まれてきたばっかりに必要以上に女にモテ、田舎の男子らしく一攫千金を夢見て(たぶん)俳優を目指し、これまたルックスに助けられてスター街道まっしぐら。自分では望んでいなかった(かもしれない)派手なイメージを押し付けられ、典型的なハリウッドスターとしての道を歩まざるを得なかったブラッド・ピットという男。周囲の期待を裏切ることなく、順調にイメージ路線を踏み外さずに歩いてた真面目なブラが、初めて踏み外した男の純情がアンジーだったとは(笑)。そう思うとあまりに恵まれた脱線のような気もしますが、こういうラッキーを絵に描いたような人生を生きる人って居ます。でもって、幼少時より(ルックスの良さで)ラッキー尽くしなもんだから、あまり人を疑うことの無いお目出たい性格になっちゃうのも仕方なし。でもそこがいい。だから、この二人の組み合わせには凸と凹が綺麗にハマったような清々しさがあるわけです。

mrandmrssmith-26

父、ヴォイト氏の回想によると、アンジーは「自分のチカラで何かを変えたい」気持ちが強い子供だったそうで、まだ小学生時代に不当な理由で解雇させられそうになっていた担任教師のために友達とデモを起こして助けたこともあったんだそう(その教師は今もアンジーの母校で働いている)。そんな彼女の基盤になっている熱いデモクラシー魂が成長後は彼女のワイルドな行動を生み、イロイロな誤解や間違いを生じさせたこともあるでしょう。マーくんを養子に取り、チャリティーに目覚めるまでのアンジーは「常に現状に満足出来ない葛藤の多い人間だった」とインタビューで自ら語っていましたが、たしかに養子縁組以前と以後では全く顔つきが違うんですよねえ。女優っていう演じることを生業とする職業でありながら、こんなに素直に内面が外見に出る人も珍しいんじゃないでしょうか。妄想するにアンジーの「何かを変えたい」っていうパワーが、保守的な人には奇異に映るジェンダーレスでワイルドな行動に走らせ、自分のアグレッシブ(=男性的)な面とバランスを取るためにセクシャル(=女性的)な面がデフォルメされてしまった・・・ってのが意外にあったんじゃないでしょうかねえ。もともとが情熱的な性格なだけに、どちらの側面も色濃くハードに出てしまった(苦笑)。まあ、そんな激しい両極端さがアンジーの魅力でもあるわけなんですが、それを一番、理解してるのは本人自身。っていうところが彼女の賢さに感嘆させられる由縁でもあるわけです。

mrandmrssmith-31

そして自分が「賢い人間だということを見せない賢さ」に対しても毎度、唸らされてしまいます。ともすると人気者っていうだけで尊大になってしまい、己を語りたくなったりするのがセレブの性だったりするわけですが、自分の言葉の重さ、影響力を理解しているからこそ自分のことを熱く語らない(←ここ今日のポイント)。かと言って、必要以上にへりくだるわけでも無く、根底にある自信はキチンと見るもの、聞くものに感じさせる。自分に共感する人は理解してくれるはず。とリキむことなく相手(ファン含む)を信頼し、強制したり、理解させるための言い訳なぞは皆無。これって本当の意味で自意識と葛藤して来た人じゃないと到達出来ないワザ(ワザだと思いますよ、ワザ)だと感じます。それがね、快か不快かってゆーのは人それぞれの感じ方がありますけども。アンジー自身はそんな人の評価でさえ、気にかけない揺るぎのない何かがあるように見える。説得力っていうのは言葉じゃなくて行動なんだということを彼女自身が一番わかっているので、グダグダと説明すること無しに一目も二目も置かれてしまうという好循環(笑)。マドンナ先生以降、セルフプロデュース!と声高に叫ぶ80'sの生き残りみたいな輩と違って、アンジーは自分の意志決定もしなやか。周囲が戸惑うくらい自分の生き方をコロッと(しかもプラス方向に)変えることも厭わない。全てがこうもクールに見えるのは自ら敢えて多くを語らない効能なのかな。とも思わせられます。やっぱり自分を遠巻きから客観視出来る人はカッコいいんだよな。そしてそれを自意識のピークになりがちな葛藤多き20代後半~30代前半でクリアしちゃってるのがまたステキに見えるんでしょうな。これが40代~50代の熟女世代だったらここまで注目はされないはずだもの。

mrandmrssmith-32

そんなアンジーを追いかけて自意識からの脱皮を図っているようにも見えるブラ(笑)。ハリウッド大国で泣く子も黙るほどのセレブパワーを誇ってたブラッド・ピットという人物が、アンジーとの出会いを通してセカンドステージへ向かってるのは傍観者のアタシでもわかる。アンジーの多面的な情熱(芸術家肌とも言える)と違い、お人好しが高じた一直線突っ走り系(要は単純な人)ブラが二人の関係を通して挫折あり、葛藤あり、(取りあえず)一家の大黒柱として家族をどうサポートしていくのかも今後の見どころであります。でも意外にこちらが思っているほど、ハリウッド的な自意識なんて持ち合わせてないのかも。多くの中年俳優は(ブラもしっかり中年だからよ)成功すると無名のカワイコちゃんと浮名を流したり、口うるさい古女房を捨てて自分を立ててくれそうな女子と再婚したりするのが常ですが、ブラの場合、押しも押されぬドル箱スター、しかも世界一自立しちゃってるっぽいアンジーに行っちゃった(大笑い)。ウッカリするにもほどがあるって気もするけど、そこがね、いいじゃないですか、なんか素人っぽくって。ファンになっちゃったんだろうなあ(笑)って思いますねえ。もちろん子供に対する想いでピタリと繋がりを確認出来たってのもあるでしょうけど。やっぱり夢が同じだっていうことはロマンチックなことだもの、お互いを知るうちに純粋な感情が芽生えて来たとしても理解出来るってもんですわ。もしかするとブラピの生涯少年的な性格がアンちゃんの隠されていた?ガーリーな一面を引き出したのかもしれません。

mrandmrssmith-9

で、ここまで長々と書いて来て(お付き合い頂いて誠にありがとうございます)やっぱり思うのは「ブランジェリーナって面白い」ってこと。世界中を股に掛け、億単位の金を動かし、使い途としては途上国への寄付、世界のアチコチへの不動産投資とスケールがバカでかい。そのうえ文化や背景が違う世界中の人々からをも、お墨付きを頂いちゃうような美男美女のセクシーカポー。カッポーの世界にも世界統一規格があるならば(ネーよ)認定一級免許だな(意味不明)。この二人の影響力を持ってしたら、ホントに世界が変わることがあったりするかもしれない・・・と思わせられる引力の強さ。いや、二人ではどうにもならなくとも、今後も増え続けるジョリー・ピット家の小さな戦士達が世界を変えてしまうことも有り得るかも(笑)。なんつーことを飽きずに考えるアタシのような妄想好きな人間には格好の餌食。否、掻き立てられる妄想力の泉・・・。このノーカット版DVDの内容も世界中に蔓延する妄想オタクを刺激するかのように上手いコト作ってあるオレンジ色の憎い奴でございます(爆)。ここで画像しかお見せ出来ないのは誠に残念ですが、それでもきっと皆様の目に映る何かが、豊かな妄想を駆り立てるお役に立つことを願わずにはいられません。是非とも今宵はドップリとブランジェリーナの世界をご堪能下さい。ま、固いことはどうでもいいからユックリ楽しんでおくんなさいまし。ウキキ。

mrandmrssmith-30

mrandmrssmith-25

mrandmrssmith-7

mrandmrssmith-8

mrandmrssmith-18

mrandmrssmith-16

mrandmrssmith-35

mrandmrssmith-28

mrandmrssmith-21

mrandmrssmith-17

mrandmrssmith-10


mrandmrssmith-23

mrandmrssmith-12

mrandmrssmith-29

mrandmrssmith-11

mrandmrssmith-13

mrandmrssmith-5

mrandmrssmith-15

mrandmrssmith-3

mrandmrssmith-19

mrandmrssmith-37

mrandmrssmith-20

mrandmrssmith-27

mrandmrssmith-38

mrandmrssmith-34

mrandmrssmith-36

mrandmrssmith-39

mrandmrssmith-14


なーんて勿体ぶっておきながら、もちろんアレもご用意しました。うひひ。


皆の味方、YouTubeどす(うはは。こればっか)。DVDに収録されているお宝映像の数々は、ここにキャプッた以上に盛りだくさん。いやあ、よくぞここまで放出して下さったという感慨に耽るばかりの充実ぶりなんですが、アタシのチカラで捜せたのは、これが精一杯でごぜーます。YouTubeに関しては常に流動的なので今後、増える可能性もあるし、減ってしまうことも考えられます。なのでお早めの試聴をお薦め致しますよん。

*冒頭のボゴタダンス、結婚後の食事シーンのメイキング。


*ボゴタダンスのノーカット版ロングバージョン。


*カットされてしまった幻のウエディングシーン。


*んで、あのシーン。


*自宅の爆発シーンの別テイク。



さらに出血大サービス!

*YouTubeより、NG集を含む他11本(カブるのもありますが)はコチラから。

二人のボスが登場するシーンもあった!黒人ボスバージョンと白人ボスバージョン(女ボスは、なんとアンジーの実のゴッドマザー、ジャクリーヌ・ビセット!)が存在。
*IGNより、別バージョンのエンディングなど他7本はコチラから。
上画像の記念写真で写っている女の子の子役ちゃんと親子3人、イタリアンライフのエンディング映像も。
mrandmrssmith-47mrandmrssmith-41mrandmrssmith-42

mrandmrssmith-4344mrandmrssmith-45

mrandmrssmith-49mrandmrssmith-50mrandmrssmith-51

mrandmrssmith-46mrandmrssmith-48mrandmrssmith-40

ANGIE GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:11
(2006/07/19(水) 11:40)

<<今さらロンドン熱中時代 | ホーム | アロハ・オエ>>

コメント
  すげー!
こ、このコレクションの数はいったい・・・!!
出かけなきゃいけないっつーのに動画にかじりついてしまったわ。
それにしてもアンジーきれいだなぁ。
そりゃブラもイチコロってなわけで。
(もちろんそれだけじゃないだろうけど)
いやーお腹いっぱいになりました。
また夜にでもゆっくり見ようっと。
タラさんありがとうございましたー!!
URL | エレキテルコ #SFo5/nok | 2006/07/20(木) 08:33 [ 編集 ]

  ぽか~ん
ボゴタダンス観てる間、口開きっぱなし。(笑)
キッチンに付いた手に血管が浮いてるところなんて、すげーリアルだし。(ヨダレが…)
映画観てるから、余計思い出しちゃっていや~ん。
って、ひとり興奮してました。まだ昼だぞ。(苦笑)
タラしゃん、美味しいコレクションありがとう!

…しかし、何度も言うけど、こんなアンジーと同い年だと思うと軽くヘコむね。
URL | chiku #- | 2006/07/20(木) 11:48 [ 編集 ]

  感激!!
いんやぁ~、タラさん、お久でございま~す!
やっと、やっと、ココにたどり着きましたョ!しかも、しかも、雨の公休日に・・・・(思えば長い道のりでしたぁ~~!うぅぅぅぅ・・・・(T_T)ブログ再開して頂く気になってもらったんですネ!!(^^)!)
出遅れましたが、ブランジェの真正ファン??ちょいピュアファン(笑)、ご存知、ウザコメのションで~す!(また、おまえか!ゾ~~ッて言われそう・・・)
突然、目に飛び込んだスミス夫妻画像!
ボーナス画像って言うか、珠玉のお宝画像の数々・・・それも、ヨダレ出るほど見たかったシーンばかり・・・・(解説も、モチ珠玉!)
これほどの見応えのある構成にして頂き、さすがタラさん!恐れ入りましたぁ~~!
力量衰え知らずってこの事!って言うか、これは、長い間街に待ってたウチらへの大出血大サービス画像なのでは?などと手前勝手に思い込み、嬉し泣き笑いしておりま~す!(ガハハハハ・・・・待ってた甲斐有り~~!)
実はエンディングのみ、どっかで目にしたのですが、本当に見たかったあのシーンは全然、皆目でして・・・・悶々としてましたぁ~!何て、ラッキーなんでしょうネ、私って・・・・
タラ節の、ブラの‘初めて踏み外した男の純情が、あまりにも恵まれた脱線だった’ってくだり、大いに頷けます!この凸凹カッポー、最高ですよネ、やっぱり・・・・中身もビジュアル的にも・・・・・ダンスシーン、生唾ゴックンものでしたもの・・・・・例のシーンも・・・感情移入し過ぎなぐらいの熱の入りよう・・・・
ブラの目が、「参ったぁ~!」って、悲鳴上げてるようでゾクっとさせられちゃいました!(イチコロ振りが有り有りと・・・・グフフ・・・)結婚式シーン撮った時には、明らかに愛し合ってましたねぇ~!アンジーのキスが結構濃厚!演技超えてません?あれ・・・
タラさんの、人間アンジーの分析力、サスガです!今日のポイント、しっかりおさえましたぁ~!
ホンと、ブラと一回りも下なんて思えぬほど、力強く自立して、自分に正直にあくまで自分らしく生き抜く術を知り抜いている賢人、アンジー・・・・カッコ良過ぎです!実に実に自然体だし・・・・・
私と致しましては、ブラの性格は百も承知!質実剛健で保守的家庭に育っただけに、アンジーとは価値観の相違は多々あっても、根底にある大事なものがドンピシャだったような気がするし・・・・結構、彼といるとアンジーも純な頃を回顧できたりして、それが癖になるほど心地よかったりしてネ!
カッポー世界統一規格の認定1級免許には大爆笑!いや、この2人、案外規格外の別枠で特別表彰モンかもしれませんョ~!
でも、でも、今が幸せだってのは、NBCの‘Today’のアン・カリーのインタビュー聞いても、よくよくわかります!アンジーに出会い、子持ちとなり、ものの考え方が以前とは様変わりしてるようだし、問題意識なども強く持てる様になり、目出度いこってス!ヨカッタ、ヨカッタ・・・・・40越えての子供なんて目に入れても痛くないだろうしねぇ~~どの子もユニークで可愛いし、父ちゃんは頑張るしかないって感じです!
久々だから、超迷惑な長コメになっちゃいましたぁ~!お許しを・・・・
「アンジーといっしょ」改め「ザーちゃんといっしょ」(今度はザーちゃん目線なんですね!)も、おもしろくて大満足!
旧ブログみたいな超マメ更新じゃなく、気まぐれ更新っていうのが大いに気に入ってマ~ス!私もズボラになったもので・・・・・


URL | ションちゃん #- | 2006/07/20(木) 14:34 [ 編集 ]

  熱き思いを私も~
実はジェンと別居した当初、関係修復を願ってた私。それがブラピと同じようにだんだんと(一気かな)強くアンジーに惹かれ、今ではジョリー・ピット家は第2の家族よ(勝手に~)。Mr&Mrsでの出会いは運命だと思うし、二人の運命に自分も乗れちゃったことがラッキー・ハッピーです。今後のブランジェリーナの幸せと行く末を案ジーてもいる私なの(ダジャレで終わるのかよ~)でした。
URL | フッコ #- | 2006/07/21(金) 00:44 [ 編集 ]

  何だか懐かしい。
映画もそうだけど、ションちゃんさん&フッコさんのコメに感慨覚えます(爆)
もう1年になるのね~。早いもんす。
同じ人妻として当初はアンジーが魔性の女に思えてならなかったけど
タラさんちでブランジェリーナを見れば見るほど、何だかこの2人を応援しちゃってたのよねぇ。
未練たらたらの元嫁がウザイ時もあったけど、映画同様愛が芽生え、そして固い絆で結ばれ実子にも恵まれたように、今では元嫁も幸せになって欲しいと思います。
ブランジェリーナ、世界で一番大好きなカッポーですv-237
URL | やーわん #- | 2006/07/21(金) 01:44 [ 編集 ]

  赤面!
タラしゃん、渾身の記事アップありがとうです♪
しっかし、あのシーン、妙に生々しくって一人で赤面する、人妻でございます(爆)。
タラしゃんのお陰で、ブラピにも興味が持てるようになりましたヨ(笑)。
アンジーのピンクのドレス姿、カーワーイーイー。
URL | ruby #- | 2006/07/21(金) 09:25 [ 編集 ]

 
>キーちゃんへ
お忙しい朝の時間にお引き留め致しまして申し訳ごじゃりませんでした。
あ。アタシじゃなくってアンジーが(笑)
外見が綺麗なだけなセレブならハリウッドにはゴロゴロいるんだろうけど
プラスαの面が周囲に有無を言わせないくらいの迫力があるっつーのがスゴいよね。
ブラもアンジーの迫力に寄り切られたって感じだよな。うはは。

>chikuたんへ
このボゴタダンスシーン、何回見てもブラがヨチヨチしてるように
見えちゃうのはアタシだけ?(爆)
ダメダメ。年齢見てアンジーと自分を比べちゃアカンって。
アタシなんてアンジーより◯歳も上だけど足元にも及ばんっつーの。ガーン。

>ションちゃんへ
うはー。いらっしゃいませ~。否、お帰りなさーい(大笑い)
もうさ。ションちゃん、どうしてるかなぁ~。なぞとタマに思い出したりしてたのよ。
ウソでねーよ(笑)。やっぱタラログのブランジェリーナネタには
ションちゃんのコメントがあって完成形ですよ。うん(笑)
よくぞ捜し当ててくれましたわー、奥様さすがっ!
これもブランジェリーナが繋げてくれたご縁だと思っております。
その後は元気にやってるの?等々、積もる話はございますが(あ、無い?爆)
でね、次回もしよかったらコメント投稿欄にメルアドを残すか、
左のContactからメルアド付きでメッセージ入れて下さいまし。
Contactからであればパブリックにメルアドがわからないし、
秘密のコメント欄にチェックしてくれても公にはされません。
アタシも最近は、多角経営?でアチコチで色んなことをやっております。ホホ。
>いや、この2人、案外規格外の別枠で特別表彰モンかもしれませんョ~!
ギャハハ。たしかにそーだ。世界規格当局も(ンなもんあんのか?)
新しい世界基準の登場に、てんてこ舞いさせられてるはずだもんね。
新ブログではゴシップネタはやらないつもりで始めたけど
ブランジェリーナの面白さに負けて、忘れた頃にポロッと書いたりしております。
今後もどんぞヨロスコで!

>フッコママへ
え~。そーだったのー、フッコママ!衝撃の告白ありがとうござんす(笑)
ホントにねぇ。アタシもここまで二人の動向を追いかける羽目になるとは
一年前には思ってもみませんでしたわ。うはは。
最初の頃は一ゴシップネタとして取り上げて・・・しかもブラとジェンの離婚話が初。
その後、ケニアでの密会報道でシリーズ記事に昇格させたんだっけ(遠い目)
そう考えるとアタシのブログ人生はブランジェリーナと共にあるとも言えるような。
皆と出会わせてくれたのも、このおかげだしね。感慨深いです。

>やーわんちゃんへ
もうホントに皆様には長いこと、お付き合い頂いて頭が下がる気持ちです。
アタイの勝手な妄想だと知りつつも、こうして一緒に一喜一憂して下さって
当たれば共に喜び、外れても責め無いで居て下さることの有り難さ(うは)
嫌が応にも妄想にも拍車がかかろーってもんですわ、奥様っ!
>同じ人妻として当初はアンジーが魔性の女に思えてならなかったけど
たしかにその側面もあると思うし、そこを本人も楽しんでる気はするの。
でもそんなワルい自分を懺悔するかのように社会に貢献するアンジーの姿。
そんな振り幅の大きな激しい生き方がアンジーの魅力だと思うし
それで自己が壊れてしまうようなセレブとは違う強さがあるとこもナイス。
彼女こそ真のロッカーだと思うよ。うはは。

>ルビちゃんへ
あのシーンに反応して頂いて誠にありがとうございます(爆)
そうなの。丸出しってわけじゃないのに(写ってるシーンもあったんだろうが)
気迫のこもった演技?が小さなスクリーンからも伝わり過ぎ。
これを劇場の大スクリーンで上映しなかったのは正解でしょうな。うはは。
アタシもね、ブラにはまったく興味がなかったんだけど
歳取ってから可愛さが出てくる男ってのもいいな。と思って見ておりますよ。


URL | タラ #- | 2006/07/21(金) 12:42 [ 編集 ]

  ウォ~ッ!!
すごい力作ですね~。
後でまたゆっくり見に来ます。
私、もうすぐ旦那の単身赴任先へしばらく行くため
mixiの方はしばらく使えないと思いますので~。
こっちは見れますけどね。
私も、騒ぎになってからブラピは好きになった気がします。
アンジーは前から好きだったけど。
URL | 青空 #- | 2006/07/28(金) 12:09 [ 編集 ]

 
>青空母さんへ
そうなの。チカラ入っちゃった(苦笑)
いつでも戻って来て、是非、じっくりとご堪能下され。
ミクシィ夏休みですね。かしこまりました(うはは)
さすがの大人の配慮に感動ですわ、奥様っ。
そーかー。お嬢さんも夏休みですもんねぇ。旦那様喜んでるんだろーなー。
どうぞブラと重ねあわせて優しくしてあげて来て下さい(←大きなお世話)
URL | タラ #- | 2006/07/29(土) 08:07 [ 編集 ]

  キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!!
v-322タラさーーーーーーーんっv-363
やっと逢えたよ、タラさんにv-315v-315
ブログが閉鎖になるって聞いて、やっとこさコメント
したまりぃのです。
覚えてなくてもEのv-426ぜんぜん!!
もぉ~どうやってココに来れたか、わかんないぐらい検索検索また検索の日々でした←ホントですよ。
2/9から苦労&待った甲斐がありました~
またANGIE GIRLとしてブランジェリーナの記事が読めるなんて、ホントに感激ですv-364
いゃ~、なんか一仕事終えた気分です(ナゼ?v-356
帰りにv-308v-307やってこv-411
URL | まりぃの #- | 2006/09/05(火) 19:07 [ 編集 ]

 
>まりぃのさんへ
いらっしゃいませ~。お久しぶりです。
おおお。そんな長い期間をかけて探してくれましたかー。タラちゃん感激どす(笑)
最後の記事にコメントを残して下さった方の中にも、たくさんメールアドレスを残して
再開したら連絡を!って言って下さる方が多かったんですが
新ブログを見てもおわかりのようにゴシップも、ほとんど無いし
スタンスも変えてしまってるので、お知らせするのも気が引けてしまったわけでして。
なんかそれなのに無理矢理「見に来い」みたいな連絡もなんだしさ(笑)
でもこうして繋がる方とは繋がるんだなぁと思っておりますよん。
ブランジェリーナはライフワークですから~(ホンマかいな)
ボチボチですが続けております。また遊びに来て下さいねー。
おめでとー(って、自分で言うなって話だな。うひひ)
URL | タラ #- | 2006/09/06(水) 07:24 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/28-0aa35b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。