***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 暑中お見舞いクローゼット祭り
summerkids-1

SUMMER GREETING.

日参するブロガー宅では、盛んに「暑中お見舞い」のご挨拶が繰り広げられるこのシーズン。アタクシの場合、年がら年中、暑中のフロリダ住まいなもんで、そんな日本式の挨拶に触れるにつけ、もう8月も半ばで、これからは残暑っていう過ぎ行く夏を惜しみつつ、涼しい秋へと気持ちを馳せる時期になってゆくのね。と、ちょっぴしおセンチな気分になったりしてしまいます。だってさぁ(四季のある土地に住んでいる)皆様は、今年の秋冬用ショッピングはどうしよっかな~。なんつーことを街を歩きながら、雑誌を捲りながら、友達とカフェで語らいながら、楽し気に悩めるわけでしょー。あー、ウラヤマすぃ~(爆)。

いやね、個人的に秋冬ファッソンって、実はそんなに好きじゃなかったの。嫌が応にも何かと重装備にせざるを得なくなるってだけで、気持ちまで重く沈んでしまいがちなアタシ(大袈裟)。大好きなブーツもワリと軽装に合わせるほうが好みだし、肉厚のニットを着た日には、出来ればコートは着たくない。だけど超寒がりなもんで、冬になるとニッチもサッチもいかん状態だったのが辛かった(苦笑)。だからハワイに引っ越すと決まった時は、もう冬服とはおサラバ~と小躍りしたもんですよ、ええ、ええ。でもさ、人間っていうのは無い物ねだりをするワガママな動物なわけですよ。冬が無くなりゃ、今度は寒空が恋しくなる。ピーコートやダッフル、ブーツに、ツイードの半ズボン。夢に見るのは雪の降る中、NYのロックフェラーセンターでクリスマスツリーを見上げながらアイススケートをしているアタシ(爆)。ま、実際そんなことになったら、寒くってスケート靴なんか履いてられないと思うんだけど。

paulandjoe-1 paulandjoe-2

で、本日は暑中お見舞い代わりにと言っちゃあ、あまりにも宣伝が過ぎますが(汗)先日、オープンしたrainbow vintage*で取り扱っているPaul & Joe for Targetの商品をヴィンテージミックスさせてのクローゼット祭りを開催中。いやあ、夏ですからね、やっぱり祭りだしょ(ホホホ)。オサレな皆様の心は早くも重衣料に傾いてるのは百も承知でございますが、まだまだ行きまっせー(どこへ?)エンドレスサマー&エンドレスガーリー(笑)。

まずは、今回の一押しのベビードールでございます。この可愛さが画像でどこまで伝わってるか不安は残りますが、とにかく一目で気に入りました。身頃部分が二枚仕立てになっていて、後ろでエプロンみたいに結びます。秋口に薄手のタートルを中に着てもグー(その場合はサイズを大きめにしたほうがいいと思います)。アタシはロールアップジーンズで、ちょっと50'sを意識しつつ、大きな花が(3つも)付いた大人っぽい麦わら帽子を合わせます。花を正面に持って来るとライト付きヘルメット風になってしまうので(爆)ちょっとズラし目に被るのが味噌。足元はずいぶん前に購入したドルガバのスタッド付きウェッジサンダルで。放って置くとけっこう甘いテイストに傾きがちなので、こういうハードなものを合わせてファンシーおばさんにならないように気を配っております(苦笑)。

paulandjoe-3 paulandjoe-4

で、ここからはヴィンテージミックス。このフクロウ柄のTシャツも一目惚れ。袖もパフスリーブで申し分無し。もちろん、これ一枚でシンプルに着ても可愛いんだけど、ガーリーにこだわってヴィンテージのパッチワークエプロンとコーディネイトしてみました。エプロンの下に履いたのも赤ギンガムのヴィンテージスカート。Tシャツがボーイッシュなアイテムなので、テンコ盛りガーリーアイテムを合わせてもワリと甘過ぎになりません。イメージしたのはガーリーテイストのビーチガール。頭にバンダナをバブーシュ風に巻いても可愛いと思います。

paulandjoe-13 paulandjoe-14

これは今回のコラボレーションの宣伝でアチコチの媒体に掲載されまくったチュニックブラウス。たしかにPaul & Joeらしい明るくガーリーな花柄です。アタシが合わせたいと思ったのは、自家製ヴィンテージのマドモアゼルノンノンのキュロットスカート(ガウチョパンツとも言うのかな?)。定番だったから今も作り続けてるかもしれませんが、このボーダーの「赤 x オペラピンク」っていう色合わせがパリジェンヌぽくって大好きでした。なので実家には、ノンノンの得意とするオモシロい色合わせのボーダーがたくさんある(はず)。今見ると80'sのソニア・リキエルな感じもしますねぇ。やっぱりパリなんだわ(笑)。素材の良さに定評のあるブランドゆえ、ジャージなのにウン十年経った今でも光沢すらあります!色はガーリーでも、ボーダーがユニセックスなので、お花の付いた麦わら帽子とクロシェ編みのプラットフォームサンダルで甘めに。

paulandjoe-7 paulandjoe-8

こういうフォークロアタッチのデザインは、本当にタイムレス。いつ見ても可愛い、大好きなアイテムです。胸元だけじゃなく、両袖にも刺繍が入っていて手が込んだ作りになっています。ヴィンテージラバーで有名なアナ・スイでも良く見かけるタイプのテイストです。もうこれだけで十分にガーリーな要素が詰まったデザインなんですが、カラフルな刺繍を目立たせるために白のコーディネイトで。スカートは昔買ったアバクロのティアードスカートの上にヴィンテージのペチコートを重ね着。ヴィンテージの下着には可愛いディティールのものが多いので、見せて着るために手持ちの服を使って色々と考えます。これは透けを防ぐのと同時にスカートにボリュームも出て、なかなかいいアイデアでした。今年だったらわざと透けさせてスパッツを合わせるのもいいかも。上から南米製のカラフルなベルトで、さらにフラワーチルドレンっぽく(笑)。

paulandjoe-5 paulandjoe-6

Paul & Joeコラボの最後は、お問い合わせの多いキモノドレス。これはもう一枚で完成されたデザインなので、そのままシンプルに大人っぽく着たほうがいいと思います。が、今回のテーマはヴィンテージミックスってことなので、敢えて大挑戦(しなくても良かった?汗)。ヴィンテージレースのドレス(エプロンじゃなく、前後身頃がちゃんと合ってドレスになっている)を上から重ねただけ。トーゼンですが、ガラッと雰囲気が変わります。ま、このレースドレスを持ってなきゃ、このコーデは話にならんわけですが(汗)。ここでもレースに合わせて白ブーツを持って来ていますが、このシルエットにロングブーツを合わせて着るだけでも、ワリとヴィンテージテイストになると思います。頭にプッチ風のスカーフを巻いたりしても素敵ですな。

paulandjoe-9 paulandjoe-10

ここからは最近ヘビロテで着用中のヴィンテージドレスのご紹介。ま、オマケ画像でございます(爆)。とにかくウカウカしてたら焼け死ぬくらいに暑いフロリダで涼しく生き抜くために、この手のヴィンテージドレスはアタクシのマストになっております。左上のバンダナ柄はたぶんスカートなんだと思うけど、ウエストゴムなので、そのまま胸まで引っ張りあげてドレスとして着用。ホリスターで買ったマルニ風?ネックレスを合わせ、髪型はだいたい頭のテッペンでお団子ってのが定番です。通常、足元はハヴァイアナスのビーサン尽くしなんですが、オサレした時を想定して(笑)。つか、買ってから一度も履いてないプラダのブーツ・・・(無駄)。

これはちょっとお出掛け用?上のコーディネイトで使ったお花付き麦わら帽子とバレエシューズでお出掛け風を演出(まぢですかー)。ドレスはもちろんヴィンテージなんですが、素材も超軽量のポリエステル、ローウエストでたっぷり目の身頃が風通しも良く汗知らず。重宝しております。

paulandjoe-11 paulandjoe-12

最後は、これまた大好物なフラワーチルドレン界に生息してた風のヒッピードレス。穴なんかもポツッと開いてたりするんですが、ヒッピーはそういう小さなことは気にしません(ホンマかいな)。今もこれを着て記事を書いているんですが(わは)身ぐるみ脱いでの撮影大会に挑んだもので、なんともクシャクシャな画像でスミマセヌ。お詫びにクロシェレースの付け襟なぞをコーディネイトしてみました(要らんて?)。いや、意外に可愛かったので、ゾーイのお散歩の時にでも付けて外出してみたいと思いますわん。うひひ。

いやあ、本日はrainbow vintage*のプロモーション大作戦に、お付き合い頂いてありがとうございました。また度々、こういう企画をやって行きたいと思っておりますが(迷惑ってゆーな)次回はいつになるかは、わかりません(爆)。またココに登場したヴィンテージは、あくまでショップのテイストをわかって頂けたらなっ。という大作戦の一貫で使用しております。とは言っても、まだまだ、マイクローゼットに埋もれている可愛いヴィンテージの在庫チェック(基本的に自分自身が未使用のものを商品化しています)、買い付けも随時、行っておりますので、ネットサーフのついでがある時にでも、お立ち寄り頂けたら幸いです(毎週2回入荷予定)。お問い合わせも歓迎ですので、質問がある方はメールフォームから、もしくはショップの問い合わせ先へお尋ね下さいませ。うあー。今日はスゴく宣伝しちゃいましたわ~(確信犯)。うはは、スンマソ。

でね、オマケなんですが今回もアレに頼っちゃいました・・・。



YouTubeです(爆)。いやあ、ヴィンテージラバーの責任にかけて(笑)オマケは何としたものぞ。と、アタイも暫し考えた。んでも、以前の記事にも書いたようにロンドンものはイマイチ苦手だし(そうそう。スィンギングロンドンがわかるお宝ビデオ「In Gear」を「今さらロンドン熱中時代」記事に追加しました。必見!)rainbow vintage*で扱ってるのもアメリカンヴィンテージだし・・・。っつーんで、アタシの大好きなフラワーな世界観をビデオでご紹介することに。ベタなガーリーからは、少々外れてる部分もありますが、このフラワー界のビジュアルが醸し出すソウルフルな色、オーラ&ユルさに萌えて幾歳月。ご覧の皆様が思わず「フリーダーム!」と叫びたくなる珠玉の5本をご用意致しました。

カルトムービー?「The Hippie Revolt」のトレイラー。



英国発フラワー経由。ビートルズの「Lucy in The Sky With Diamonds」



しつこいほど語ってるのは承知の助(爆)。右でもレコメンしてるヘアーから「Aquarius」



そしてこれも大好き。ヘアーから。これまた素敵なヴィンテージファッソンの宝庫ビデオ。



最後もヘアーより。英国製自由がパンク(=反逆)なら、米国製自由はロック(=暴走)か。

FASHION GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2006/08/14(月) 08:10)

<<マリーが来たなら知らせてよ | ホーム | 嬉しい誤算>>

コメント
 
こんにちは、Lucyです(爆)。
ちょっと、ちょっとー!お盆ムードを払拭するような
スバラスゥイ記事じゃないですこと、奥様っ。
クロシェレースの付け襟、売ってくれよ(大笑い)。
こうやって私も洗脳されていくのね。自らハマってるって話も・・・。
だって、ヴィンテージのお洋服ってホントカワイイんだけど、
普通に田舎町横浜で着れるかな?ってものも多いのよね。
だけどタラさんがセレクトしてくれてるものって、
リアルでちゃんと着れるものがいっぱいなんだな(褒め殺し、爆)。
ショップの更新が待ち遠しい、タラチルドレンでした。ウヒャヒャ。
URL | ruby #- | 2006/08/14(月) 15:36 [ 編集 ]

 
>いらっしゃいませ、ルビ川様~
あ。ルーシーか(爆)。いやあ、顧客様に褒めて頂き、感激です(うは)
あ。この付け襟、気に入ってくれた?んじゃ、売るかな(大笑い)
いや、こういうのは捜すとけっこうあるから、仕入れに行って来るよ。
ハマれよ、ハマれ~。ハマらっしゃーい。ウキキキ。
いやいや、それは冗談だけどよ。
仰る通り、「ヴィンテージ=派手」みたいなのが、やや先行してる帰来はある。
そのバイヤーの買い付けにもよるけど、もっと大人が着れるのが欲しいよね。
で、お値段も手頃でっていうのじゃなきゃ。って思っております。
ヴィンテージって特別なものだけど、日常着にするためにも
特別過ぎちゃいけないとも思うんだよね。って語ってるし(爆)
シッカリ褒め殺されてますな(苦笑)なので頑張って参ります。
よろしくどうぞ。

URL | タラ #- | 2006/08/14(月) 16:39 [ 編集 ]

  フラワーチルドレン!
やっぱお店は開くにあたって、店主のセンスを披露しておかなきゃね(爆)
皆が待ってた「クローゼット祭り」♪
タラ奥のフラワー好みは見事に、暖かい土地にベストマッチしてるね。
そう思うとアテクシの好みのスクールガールルックや
ジャッキールックが、秋冬向きなんだと再確認だわ。
どれもこれも素敵なコーデなんだけど、ruby奥同様、
何よりもレースの付け襟に激しく萌えましたぞ!
これってタンクドレスや普通のキャミにさらっと重ねてもいいわね♪
(得意のマイワールド始まったよ・笑)
URL | やーわん #- | 2006/08/15(火) 03:27 [ 編集 ]

 
宣伝してるはずなのに、ちっともイヤミじゃないのは一体どーゆーことっ、って
半分ジェラシーで問いかけた(自分に?)ものの、
「人柄」という面白くともなんともない答えに行き着いたpopです。
しかも私自身ではどーしようもないし。

何が言いたいのかよくわからないけどとにかくこの企画楽しいですー。
さすがのセンス。脱帽。
久しぶりにヴィンテージショップ覗きにいこうかしら。
URL | pop #AyEnnFO2 | 2006/08/15(火) 12:44 [ 編集 ]

  ぎゃ~
素敵すぎv-238
ヴィンテージを実際にどう着こなしていいか考えちゃう人も沢山いると思うので、タラさんのセンスでこういうコーディネイトを提案するのは絶対必要なことだと思います!!
私的にはPaul & Joeのキモノドレスにレースドレスを重ねたものに超感動~v-42
私、こういう総レースものをどうコーディネイトするかでいつも頭を悩ませてたんですよね~。
このコーディネイトはしっくりなじんでて本当に素敵です。全然違う雰囲気に生まれ変わってるし・・・。
一枚で着ても可愛いものをあえて重ね着する!!そういうのが大好きです~☆
URL | wildlilyy #- | 2006/08/15(火) 13:42 [ 編集 ]

 
>やーわんちゃんへ
いやいや。アタイのセンスなんて偏りもいいとこですから(苦笑)
付け襟、人気だな(汗)。頑張って買い付けるべし。
ポンチョとか、ニットベストなんつー冬場のフラワーもけっこう好きなんだけど
重ね着って着方によって、ダラしなくも見えるから難しいよね。
まず、着る人の体型やイメージ有りきっていう感じもするし。
だから、寒くなるとトラッドへ流れるってのはアタシも定番だったよん(笑)
なので秋冬の展開は、ややトラッドよりになるかもしれませぬ。
つーか、すべて自分好みで運営するとそうなる。ワハハ。

>popちゃんへ
>宣伝してるはずなのに、ちっともイヤミじゃない
ホンマに~?
そう言って頂けると調子に乗って、次回も宣伝にチカラが入っちゃいそう(爆)
いやいや、普段、押し付けがましい?主張ばかりを唱えてるので
そこから比べたらマシなだけなんじゃないか?ウシシ。
NYのヴィンテージショップ!聞いただけでも胸が躍りまっせー。
やっぱりヴィンテージでも何でも、お洒落なものが終結してるイメージがあるもの。
ココじゃ、ファッソン人口が少ない分、お宝にも巡り会い易いけど
じっくり時間をかけないとっていうマイナス点もあるのよねえ。
一度、本場?を視察しに行かなアカンなぁ・・・まぢで。

>wildlilyyさんへ
オサレ記事に欠かせない名コメンテーターの登場に気分が湧いております~!
ヴィンテージってどうしても、構えて考えがちになりますよね。
価値観が安定していないというか。そういうの日本人が一番苦手だし。
ただ、既成の服にヴィンテージをミックスしただけで
そのコーディネイトが自分にとって特別になるんですよねえ。
そもそも、長い時間を経て今、自分のクローゼットにあるっていうのがスゴいし。
wildlilyyさんのチョイスも、さすがの玄人ぶり!うはは。
実際、参考にはならんのじゃないかと思ったんですが
やっぱりヴィンテージを知ってる方には、わかって頂けたか・・・と感動です。

URL | タラ #- | 2006/08/16(水) 06:56 [ 編集 ]

  フギャー!!
なんだよー。
楽しそうなクローゼット便りだこと!
ガーリーなのに、ちゃんとしめるとこしめてるのがいいわー♪

やっぱりヴィンテージを語らせるならタラ師匠ですなあ。わし、ついていけておりまへん。


URL | makio #Ao2/Iifk | 2006/08/17(木) 16:33 [ 編集 ]

 
>牧夫くんへ
あら。ラッしゃい(爆)
そもそもヴィンテージは語るじゃなくって、着る専門だったのにねえ。
いつから、こんなんになってしまったんでしょうか・・・。
まあ、ヴィンテージに関しては色んな価値観がありますので
やっぱり慣れてないと入りにくいところもあると思うよ。
でも、どんなに素敵なブランドの一枚より、この世にもうコレしかないかも。
っていうロマンを愛するわけさ。ウキキキ。
URL | タラ #- | 2006/08/17(木) 17:09 [ 編集 ]

 
rainbow vintage*ではベビードールとフォークロアとキモノワンピが気になっていました!
ふもー!かわいい、やっぱりかわいい!
タラさんコーデも悶絶なかわいさ♪
クローゼット祭り、実はすごく楽しみにしているんです☆
そしてそしてYouTube!!
とくにカルトムービーとビートルズのに大興奮しました。
私の好きな昭和テイストのもともとのルーツなんだろうなぁと。
カルトムービーのバックミュージック、こういうの大好きです。かっこいー!
URL | 中野しじみ #- | 2006/08/17(木) 17:46 [ 編集 ]

 
>しじみ産へ
数日間の実家詣ではいかがでしたか~?
またオモカワいい報告待ってるよーん。
で、さすがお目が高いわー(笑)キモノワンピなんて完売しちゃったよ!
なもんで、客注なんかも受けちゃってますわん。うほー。
お客様の中には、しじみ産のブログから遊びに来てくれた方もいたりして
なんだかとっても嬉しくなってしまいました(感涙)
しじみ産ブログも不思議な?ガーリー度で通わせるから~
やっぱりテイストの近い人達は集まっちゃうもんなのねぇ。としみじみ、しじみ。
ベビードールはホントにお薦め。でもちょいと季節外れだったかなー。
新作なんだけどね。もちフォークロアもキャワユイよ~。うきゃきゃ。
で、YouTubeも楽しんで頂けて良かったわー(笑)
そうそう。60~70年代って言ったらまさに昭和40年のしじみ萌えの時代よ!
あの頃は日本人も、なんかイロイロ頑張ってたんだよね。

URL | タラ #- | 2006/08/18(金) 04:30 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/31-2327f339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。