***babytaramoon
   life is girly and little complaint.
  >> TOP
  >> RSS1.0
tarafile

いらっしゃいませ。

タラ

Author:タラ
もしかしてもしかするkamo☆

twitter

twitter-1

Recently

Search Room

Navigate

All Topics List

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 まとめてお届け授賞式祭り
お待たせしました。仲良しブロガーのwildlilyyさんからリクエストを頂き?メンドくさいので飛ばしちゃうつもりでいた(笑)グラミー賞のレッドカーペットのファッションポリス実施を急遽決定。まあ、やり出しちゃうとコレがどうにも止まらなくなっちゃうのがタラちゃんのサガでございます。うひゃ。つーか、グラミーって8割がワーストってなくらいのファッション的には語る価値も無いような式典ではあるんだけんど、今回は懇意にしてるコリーヌちゃんの出席があったおかげで見応えのあるものであったのは事実。なのでついでに来週のオスカーの前夜祭も兼ねて、GG賞のあとに行われたSAG(スクリーン・アクターズ・ギルド)賞授賞式、シエナや注目のエミリーちゃんも出席した英国アカデミー賞授賞式、そしてNYファッションウィーク中にLAで行われたヴェルサーチのイベントからお馴染みのセレブをピックしてお届けしたいと思います。

*小さい画像はすべてクリックで拡大します。

grammy2007-5

goldenglobes2007-21 grammy2007-6

日本でも「ドリームガールズ」の公開が始まり、もうご覧に行かれた方もいらっしゃると思うのですが、快進撃中のジェニファー・ハドソン25歳。飛ばしておりますよー(笑)。作品をご覧になった方は、彼女がどのくらいの存在感を持ってグイグイと観客の心にねじ込んで来たかおわかりだと思います。ココ、アメリカでもジェニファーちゃん人気は相当のようで、なんと来号のヴォーグのカバーを飾るなんつー、ファッション業界にまで影響を及ぼすジェニファー現象が起きております。ウェルカムカム・ジェニファー・ハドソォ~ン!

毎回、彼女の姿を見て思うのは歌が上手いだけじゃなく、人を惹き付けるカリスマパワーがあるんだってこと。アフリカンアメリカンがヴォーグ誌のカバーになるだけでも大変なことなのに、現代の美の基準から言ったらかなりハンデのあるジェニファーちゃんが、ヴォーグ誌のカバーを飾るってのは熟女代表のオプラがカバーになった時よりスゴい。だってオプラはキャリアによってチカラを得て、周囲から認められ、その証しとして選ばれたようなもの。ジェニファーちゃんは昨年までは誰一人としてその名前を知ることの無かった新人ですから。これぞカリスマの為せるワザ。凡人が努力して得たものと比べてもらっちゃ困ります(わは)。ま、そんなんでそのうちジェニファーちゃん特集なんかも出来ればいいな。と思ってはおりますが(またやるんかい)期待しないで待っててね。

で、グラミー賞の授賞式では新人でありながら、いきなりプレゼンターを務めたりと今年の授賞式ジャック状態に出ずっぱりのジェニファー。なのでレッドカーペットでも多種多様のデザイナーのドレスを楽しんでいるようです。グラミーではB系アーティストの採用率が高かったロバート・キャヴァッリ。ジェニファーちゃんが選んだのは、その豊満なボディーをことさら強調するようなウーマン・イン・レッド。新装開店中のtaraTVにてお届けしている若かりし頃のチャカ・カーンにやっぱり雰囲気が似ております。左下画像はGG賞でのヴェラ・ウォン、右下はSAGでのマイケル・コース。個人的には老けた印象に見える下二枚より、赤ドレスが年相応に似合ってて素敵だと思いますが。それにしても見るからにプラスサイズでありながら、こんなに魅力的にドレスアップが決まるなんてアータ。溌剌とした若さのせいもあるけんど、やはり色んな意味で注目の新人ですな。


grammy2007-3 grammy2007-4

ジェニファーちゃん出陣のおかげで(苦笑)今年はどこの賞レースでも影が薄~くなってしまったビヨたん25歳。とにかく出来るだけ派手な衣装で(そこだけでも)目立とうという魂胆がミエミエのGG賞授賞式のゴールドに続いて、グラミーではシルバーで勝負をかけておりました。が、敢えなく脱落(爆)。パフォーマンス用に着替える前、左のレッドカーペットでのお召し物はアルマーニ。右の記者会見場でのドレスはGG賞の時と同じくエリー・サッブ。ヘアスタイルもGG賞のストレートとは違って柔らかさを出したカールヘアなアレンジ。お歌披露の時にはこれまた大きな白薔薇を頭にあしらってゴージャスガーリーな感じでございました。まあ、ドレスは遠目から観ると日焼けした鯉のぼりみたいだったけど。うひひ。ビヨたんはやっぱり生きたマーメイドですな。


grammy2007-1 grammy2007-2

グラミーの翌日、エンタメ番組のファッションポリスでベストドレッサーに挙げられていたのが、どうにも納得が行かなかったのがこの方。つねに鼻から脳みそを吹き出す勢いで熱唱(ホンマか)見てるほうが迷惑に感じるくらい似合わんセクシー路線狙いの親指姫クリスティーナ・アギレラ24歳。左のドレスはエマニュエル・ウンガロ、右は不明。まあ、たしかに数年前、ヴェルサーチの広告塔になったこともあるアギちゃんなので、同期のブリなんかとは一線を画すおセンスの持ち主だとは思いますが・・・どれ見てもコスプレ。歌もそうだけど何に関してもチカラが入ってしまう性格が災いしてるようにお見受け致します。責めて体型とのバランスを考えたドレス選び、若さが確認出来るヘアメイクだけでもお願いしたい(ま、好きにやれ)。


grammy2007-12 versacela-2

こちらも知らぬ間に大人になってたクリスティーナ・リッチ26歳。相変わらず小柄ではあるけども、アギちゃんよりは己をわかってるような気もします。左のドレスは不明ですが、右はヴェルサーチのイベントにつき、ヴィンテージのヴェルサーチ(以下ヴェルサーチイベント出席セレブはすべて)。アギやリッチーに見られるように、小柄な体型の女子に限って大人っぽさ強調のセクシー路線に行く傾向が強いような気がするのはアタシだけでしょうか・・・。いや、周囲もただでさえチビッコの彼女達が、お子ちゃまに見られないようにっつー配慮はあると思うのよ。でもなーんか、もっと似合うドレスがあるんじゃないの~?という気がしますなあ(大きなお世話だが)。全米4月公開「Penelope」で共演してるリースなんて小柄な体型でも子供っぽくならず、瑞々しいドレス選びの上級者だってのにねぇ。まあ、デカいセレブがトレンドに負けて?ガーリーにしてるのもドッコイドッコイだとは思うけど(爆)。


grammy2007-11 grammy2007-15

ここからは一本勝負編(うひゃひゃ)。「27歳、人妻」っていう共通項が、明らかに不自然なコリーヌちゃんとピンク。いやあ、27歳にしてすでに女の生き方も様々でございます(笑)。コリーヌちゃんのドレスはエンポリオ・アルマーニ。つかエンポリオですよ、エンポリオ!もぉ~、アルマーニの中でもエンポリオを選ぶこの感性(知らんて)。初々しいじゃありませんかぁ~、ねえ奥さん!ちょっと前にアップしたコリーヌちゃん記事にもいくつか画像を追加しといたんですが、イギリスに帰国したコリーヌちゃんがブリット・アワーズに採用したレッドカーペットドレスはグッチ。それもズーイーちゃんがグッチのパーチーで着てたのと同じデザインのものだっつんだからアータ(感涙)。もうガーリーの王道を歩んでおりますなぁ(ヨシヨシ)。

そしてピンクはエルべ・レジェ。GG賞でエミリー・ブラントが着てたのを見て憧れちゃったかどーかは知りませんが(ねーだろ)アンタの場合、何来ても首から上ばっか目立っちゃって同じですから~(きゃー)。つか、どうだっていいです(爆)。なのでこの勝負、コリーヌの勝ち!


grammy2007-14 bfta-2

出たー!(大笑い)。「お若いのに無類の男好き+親父狩り系+サゲ◯ン」という明らかにエバっては言えない共通項を持つ凄腕さん。スカーレット・ヨハンソン22歳とシエナ・ミラー25歳のご両人。うーん、いい対決だ(笑)。チン繋がりが気に入ってしまったのか?ジャスチンとキャムを別れさせた女。という新たなビッグタイトルを手に入れたスカチンのドレスはモニーク・リュイリエ。ブライダルブランドとしての知名度はありますが、プレタポルテを始めてからまだ3年。今期のランウェイではかなりエッジの効いた演出になっていたので、そういう意味ではクラッシックビューティーとモテハヤされている反面、エッジーな生き方がお好みな?スカチンにピッタリなのかもしれません(ホンマかいな)。これもエンタメ番組では評価が高かった。うーむ、わけわからんチン(繋がりで)。

そして母国イギリスで一番権威がある英国アカデミー賞授賞式でのシーちゃんは、ノミネートされたわけでもなんでもないくせに、また気張ってエマニュエル・ウンガロなんかを選んでしまいました・・・。うーん「Factory Girl」を見てないからわからんけど、賞レースの目玉かも?なんて言われてたのは関係者がバラまいたガセか?(爆)。最近はアメリカのエンタメ系インタビュー番組に露出が多くなってるシーちゃんなので、単館上映だったのが好評でネイションワイドにでもなったのかしら?まあ最近はコレと言った男の噂もなく、まぢめに仕事してるようなので(アタシは何者よ)この勝負、シエナの勝ち!


grammy2007-9 grammy2007-17

コチラは明らかにデカい女のカテゴリーに入る、大きいことはいいことだ!のガチンコジャイアント対決(爆)。比較的、小柄なヒップホップシンガーが多いB系の中で173センチというトップクラスの長身、シエラ21歳と、さぞかし恋愛映画じゃ相手役に制限があって大変だろうとお察しする178センチのマンディー・ムーア22歳。シエラは旧ブログでも取り上げたことがあるんですが(日本ではシアラと記述するのがポピュラーみたいですね)モデルになるかミュージシャンになるかで迷ったってくらいなので、この若さでロベルト・キャヴァッリのミニドレスも卒なく着こなしております。これは「B系さんに光る素材の白を着せたら右に出るもの無し」のセオリーを一部発展させた「光り物と白を合体させたら右に出るもの無し」っていうのが成功の鍵なのではないかと妄想いたします。

そして対するマンディー・ムーアの貧乏くささはどうなのよ?(爆)。いやマンディーがオサレ好きなのは風の噂で知ってるけんど、こりゃあいっくらなんでもアレだよ。特にB系が大挙して赤だ青だと着飾るグラミー賞で、このユルさはポリシーだとしても受け入れられない事実でございます。ヒッピーもいい加減にしろ!ってことで、この勝負、シエラの勝ち。


saga2007-8 bfta-3

オ~~~ッと出て参りましたよ~ん、カワイコちゃん達が。ぐふふ(←なんか怪しくなってきてるぞオイラ)。こちらは泣く子も黙るファッショニスタ映画(爆)の「プラダを着た悪魔」共演者対決でございます。主演だったワリにその存在をほとんど評価された様子の無いアンディー役のアン・ハサウェイ24歳と、エミリー役のエミリー・ブラント23歳。で、エミリーの勝ち(オイオイ)。いやそんな簡単に決めちゃってはナニなのでドレスの説明から(あ。要らん?)。アンちゃんのドレスは今話題のマーケーザ。SAGにて「プリンセス・ダイアリー」で共演したジュリー・アンドリュースへ贈られた功労賞のプレゼンターとして出席。ま、こういう華やかな場には似合うお姫様タイプなので、なかなかエガッタとは思う。けど、やっぱり人柄からくるものなのか?どうしてもプレーンな印象になっちゃうのよねえ、アンちゃん。

そして個人的に最近のヒットで萌えまくり(笑)のエミリーちゃんは、本国にて英国アカデミー賞授賞式のレッドカーペット。GG賞に引き続き、当然こちらでも「プラダの悪魔」でノミネート。受賞は逃してしまいましたが、まだまだ23歳、才能はあまりあるほどあります。焦るこたーない(って、アタイが焦ってどーするよ)。ドレスはエリー・サッブ。ジュエリーはなんと35カラットのカルティエのダイヤですってよー、奥さん!このドレスはあまり好きじゃないけど、やはり旬のオーラがバリバリに出ちゃってるので、この勝負、エミリーの勝ち!


saga2007-9 grammy2007-18

出ました。期待の新星、日本代表の菊池凛子ちゃん25歳でございますよ~。ウェイブ~(って、なんでオレが)。対決するのはチェコの期待の星?かどうかは知りませんが、ペトラ・ナムコヴァ27歳。意外に年喰っております(爆)。ということで、コチラはおわかりのように外人対決(注*ここでは母国語が英語圏ではないという意味)でございます。

シャネラー凛子はんのドレスは、もうアチャコチャで露出済みだと思うので、すでに皆様もご感想をお持ちかと存じます。これはSAGの時のシャネル。なので9割がた、オスカーもシャネルで勝負をかけるだろうと思われ。・・・つか、もうシャネルとかにこだわる前におセンスをどうにかせんと(汗)。そりゃあ、体当たり演技で頑張ったのは凛子はん一人の努力だけど、だからと言って周囲が野放しにしていていいのかこのセンス?アメリカって国はレッドカーペットドレスの選び方ひとつで人気も左右するお国柄(ジョニー・デップ氏除く)。責めて銀座のママ風なヘアだけでも何とかさせたげない?コリーヌちゃんやジェニファーちゃんの例を見ても、初の授賞式に相応しい初々しさって大切なポイントだと思うのよね、オバちゃま。なのでもし凛子ちゃんがコレを直接読んでたら是非シンプル・イズ・ベスト!でお願いします(読んでねーっつの)。

TSUNAMIでの悲劇以来、ペトラちゃんって心優しいナチュラルなオナゴという好イメージを抱いてたオレ。それがジェームス・ブラントに連れられて、こんなキラキラしたドレス来てカメラの前でイチャイチャしちゃいかんだろ。お歌のほうは置いといて、人気が出た途端にペトラをゲットしたジェームス・ブラント自体に大きな?を持つアタクシなので、このグラミーでのヤな感じの浮かれっぷりはアタシの中でさらにイメージを下降させた感あり。なのでこの勝負、凛子ちゃんの勝ち!


grammy2007-19 grammy2007-7

お次はハッキリ言って共通項なぞ、ひとつもない二人(爆)。ヒラリー・ダフ19歳とシャキーラ29歳。強いて言えばあとちょっとで年代が変わるビミョーなお年頃と爆発したアタマ(わはは)。それにしてもヒラリーのこのカッコはなにかね?ドレスはドルチェ&ガッバーナなんだそうですが、ゴージャスボディーの持ち主でもないのにブリンブリンは似合いませんから。また立ち方もビヨたんにビヨンセ立ちをレクチャーしてもらったほうがエエんじゃないか?とおせっかいを焼きたくなるほどの情けなさ。これじゃまだ一般人のほうがイケテます。この突っ張り棒みたいな肩幅もエラいことになってますなぁ。ミョーに撫で肩のスカチンと足して二で割ったら、なんとか普通の人間になれるかもしれません(知らんて)。

ラテンのお国の手乗りビヨたん。こんな地味なドレスでどうかしちゃったのか(色は派手だけど)?シャキーラシャキーラ~(大笑い)。ドレスはキャロリナ・ヘレラのもの。つか、キャロリナ・ヘレラを選んだ時点で自分のキャラに合わないことぐらい理解して頂けないもんでしょうか?皆がシャキーラに期待してるのは露出してナンボ、腰振ってナンボでございますもの。まあ、授賞式のパフォーマンスの時にヘソ出してたから許してやろう。うひゃひゃ。なので、この勝負、シャキーラの勝ち!


オマケはレッドカーペットとなれば熟女達だって黙っちゃおりません。



versacela-1

saga2007-1 bfta-1

熟女セレブのベストドレッサーもB系さんで(笑)。この方、GG賞でお見かけして以来、ナニかある!と睨んでおったのですが、オスカー主演男優賞の最有力候補フォレスト・ウィティカー氏の愛妻、ケイシャ・ウィティカー34歳でございます。いンやあ、キレイでねーの。imdbによると女優なんだそうですが、ほとんど専業主婦だと思うのね。こんな地味な男子に見初められ、信じてついて来て良かった・・・クーッ(て、アタシじゃねーよ)。こうして寄り添う姿にも自分の選択が間違ってなかったという自信に満ち溢れております。そこがまた女っぷりを3割あげてるんでしょうなあ。夫婦して輝けるこのシアワセ。忘れんなよー(って、誰に言ってんの?)。

上画像はヴェルサーチのイベントで。女優として花開いてるわけじゃないのに、こんなして招待されたっつーのも、一重にドナッテラがGG賞を見て「コリだー!っ」と思ったっつのが真相なんでねーの?と深読んでみたり。左下画像はSAGにて。ドレスはデビッド・メイスターのもの。GG賞で見せた光沢のある白に引き続き、サテンのベージュが肌の色を引き立てて美しいですな~。ケイシャの場合、モードブランドのドレスではなく、ドレスメーカーのドレスを選択してるところにも隠された成功の秘密があると見た。右下の英国アカデミー賞もディナ・バレルをチョイス。光沢にこだわりがあるのか?やはりココでもパープルのサテン。派手になりがちな色を上品に着こなしております。バッグもトレンドのクラッチに固執するセレブの中で、ハンドル付きのものを選んだりしてなんか新鮮。


grammy2007-16 versacela-5

グラミー三冠獲得のメアリー・J・ブライジ36歳。えー!まだ36歳なのぉ~?(ガチョーン)てっきり40代くらいかと思ってました・・・。B系は老けにくいとはいうけれど、こういう元から老け顔の方も存在しますんで、それはそれで判断が難しいわけでございます。ウキキ。右のドレスはうちの夫が「変なベルト!」と言ったマイケル・コースのもの。たしかにベルトがビミョーに安っぽくって変だ。見ようによっちゃビニール製にも見える(爆)。あとやっぱりタトゥね。ただでさえ肌の色に迫力があるもんで、こういう目立つとこにガッツリ入れちゃってると凄みが出ちゃいますなあ。アンジーのも、まあナニだけど(苦笑)あれはアクセサリー効果ってのは発揮してるもんね。メアリー・Jの場合、なんかそういう見え方はせんのよねえ・・・顔のせいか?これがジャネットなんかだとまたオサレ風に見えるんだが・・・やっぱ老け顔のせいか?(爆)。右はヴェルサーチのイベントで。考えてみりゃ、なんだかんだっつってファッソンにお金使ってるのよね、このシト。まあ、グラミーの健闘もあったんだろうけど、きっと顧客だったりもするのかもしんないよなあ。いかにも似合いそうだもん、金満極道系のヴェルサーチが。うは。


saga2007-7 versacela-6

ここにも極道系に片足突っ込んだ感のある方が登場。ジェイダ・パンキット・スミス35歳。「マトリックス」の準レギュラーになっちゃったあたりから、やけに強面なイメージになっちゃったジェイダ。夫がニタニタ系なもんで、並ぶとその怖さが余計に際立っちゃうという相乗効果(笑)。この方も小柄ながらレッドカーペットでのおセンスは上級者。特に自分の肌色を生かした色選びは秀逸でございます。左のSAGの時のボブ・マッキーのヴィンテージもナイスチョイス。必ずネックレスをして視線を上に持って来てたりして、トレンドとは一味違う自分らしい味付けがステキです。右はヴェルサーチのイベントで珍しい黒。やっぱ黒着るとマトリックス化するな、うむ。


grammy2007-10 saga2007-2

続けてB系対決で参りますわよ~(笑)。まあ、熟女というのは忍びないが、もはやヤングとも言えないビミョーなお年頃。左のインディア・アリー31歳と、右のジョイ・ブライアント30歳。つか、エ~ッ!一個しか違わないのー?うーむ、30も過ぎれば女の人生もイロイロですなあ(しみじみと)。それにしてもインディアのコリは・・・権威あるはずのグラミーの場に、なぜこんなドレスを選んだのか?っつーのが不思議でならんね、我輩は(ぷんぷん)。どこのブランドか確かめようと思ったけど時間のムダなので止めました(爆)。インディアのお歌は好きだけど、これ見ちゃったらライブじゃなくてCDで十分かな~ってのは、アメリカの5割くらいのインディアファンも思っちゃったと思う。え?でしょ?(爆)。

それに比べて(比べるのもコクだよな~)ジョイのカワユいこと、可憐なこと。SAGにてヴァレンティノのドレスだそうですが、B系にしてヴァレンティノをこんなガーリーに着こなすおセンス。脱帽いたしました。まだ主演女優級では目が出てないけんど(遅咲き過ぎねーか?)今後もB系ガーリーの振興に精進して頂きたいということで、この勝負、文句無しにジョイちゃんの勝ち!


versacela-3 grammy2007-13

お次もビミョーなお年頃にしてビミョーな人生を歩み続けるこのお二人。ドリュー・バリモア31歳とリース・ウィザースプーン30歳。男に惚れる度、法律的な契りは交わしてみるが一人の男だけじゃ事足りぬ飽きっぽい女と、若くして結婚し、家庭だけじゃなく社会的なイメージでの成功を夢見たあまり、夫を不倫に走らせた良妻賢母のイメージだけじゃ事足りぬ女。果たしてアナタならどちらに軍配をあげますか?(つか、誇れねーだろっつーの)。いや、でもある意味、この二人は女優の人生の王道をいってるっていう共通項がございますわ。うはは。エーやないの、凡人が女優なんてやってたって、なーんもオモロいことありまへんもの。

ドリューはヴェルサーチのイベントで。GG賞の時のディオールといい、似合ってるかどうかはこれまたビミョーですが(苦笑)取りあえずアチコチに顔が広いってのはわかったよ。チャーリーズ・エンジェルの時はキャムに持ってかれがちなので、単独でもジャンジャン目立って参りましょう。SAGのリースはこれまたGG賞と同じ、オリビエ・ティスケンスのニナ・リッチ。GG賞でのアンジーのグレイドレスが話題だったこともあり、直後に行われたSAGのグレイ採用度はグンと高かったんですが、リースもそんな影響を受けてるんでしょうか?噂によるとジェンと仲良しらしいので、そんなことは無いか・・・。うひひ。まあ、でもニナ・リッチっていう新風をレッドカーペットに送り込んだ功績を買って、この勝負、リースの勝ち!


saga2007-5 saga2007-6

次からの対決は少しずつ、年齢層も高めに設定して参りたいと思います。今や元祖アジア系人気女優のルーシー・リューよりも、人気者になってしまったサンドラ・オー35歳と、知性派女優の草分けケイト・ブランシェット37歳。奇しくもSAGでの二人はドレスのほうもジョルジオ・アルマーニ対決となっております。サンドラの場合、真顔でもひょうきんなキャラのワリに(爆)レッドカーペットドレスのチョイスはいつも秀逸。きっとセンスがいいんだろうと思うんだけど、こういう風に顔や体型にギャップがあっても(え?言い過ぎ?)おセンスで克服する例はいくらでもあるので、凛子はんも頑張って頂きたいかなっと。

ケイトはGG賞での失敗(とは言っても、各所で好評だったみたいだけど)がわかったのか?懇意にしてる(っぽい)マックイーンはやめ、無難なアルマーニで。コレです。コレが世界が望むケイト・ブランシェットのお姿。知性で売ってるんだから変なカッコしちゃあイケマセン。そうそう、今回バイオグラフィーを調べたらケイトって英国人じゃなくってオーストラリア人なのねぇ。だどしたら余計になんでマックイーンにこだわるのかが、わからなくなりました(爆)。なのでこの勝負、失敗が少ないサンドラの勝ち!


versacela-7 versacela-8

コチラは言わずと知れた女王気質対決。暴力に取り憑かれた女ナヨミ36歳と、死神に取り憑かれた女ジェニ37歳。うーん、シエナVSスカチンに続いていい対決だ(悦)。両者共にヴェルサーチのイベントで。ナヨミはビヨたんにこっそり対抗してるのか?さり気ないブリンブリンカラーで目立とう作戦に出ておりますが、やはりジェニ+ヴェルサーチは数年前の有名なグリーンドレス以来、無敵でございました。見よ!このお姿を。これが正真正銘のディーバでございますことよ。このカーブ、一朝一夕で作り出せるものじゃございませんので、そこんとこヨロスコ。なのでこの勝負、ジェニの勝ち!


grammy2007-20 saga2007-10

ドンドンと対象年齢が上がって来ております(ウキキー)。今じゃアメリカンアイドルの審査員としてしか(おそらく)アメリカの若者には認知されてないと思われる元アイドルの女ポーラ・アブドゥル44歳と、若い夫の生き血を吸って生きている吸血女のデミ・ムーア44歳。この二人、年齢以外にも共通項がありまして・・・実は男繋がりなのよねん。なんと今は監督業にも精を出してる元祖YAスター、エミリオ・エステヴェス親父とネンゴロだった過去を持つのだよ、二人とも。フフフ。デミとエミリオはポーラとエミリオが結婚する前に婚約してた仲だったっつーんだからアータ、あの頃(80年代)のエミリオのモテモテぶりがわかろうってもの。とは言え、エミリオもこの二人の元カノを目にして何を思うんだろうか・・・。是非そんな実話を元にした映画を作ってもらいたいモンですな。絶対に面白いはずだから~。うひゃひゃ。

で、ドレスのほうはポーラがヴァレンティノ。・・・グラミー賞にヴァレンティノって(汗)いや、好きなら着りゃあいいんだけど、シャキーラたんのキャロリナ・ヘレラといい正統派ブランドは若さハジける皆が勢揃いする式典には似合わないんでねーの?ってな気もしたり。やっぱ普段は人一倍、体動かして仕事してる分、こういう時でもないとおしとやかな装いなんか出来ないわっつんで、たとえキャラ違いでも選んでしまうのが女ゴコロ。これも振り幅の大きいラテンの血が為せるワザなのか?(知らんて)。とにかくポーラたんの場合、ルミちゃん風のヘアメイクといい、変な鞄といい、ダメダメ要素てんこ盛りですな。

デミのドレスはアルベルタ・フェレッティー。最近のデミはどっかでも言われてたけど、薄らとディタ・フォン・ティースとキャラが被りますなぁ。でもアチラはすでにキワモノ経由でファッションアイコンの域に達しちゃってるものねぇ。この辺はアギちゃんあたりも狙いたい路線かと思われますけんど・・・。まずデミの場合、ヘアスタイルがディタと被っちゃってるもんなあ。んじゃ、思いきって「G.Iジェーン」の時みたいに頭剃っちゃう?と思った矢先にブリに先越されちゃったみたいで(大笑い)。なのでもう需要無しってことでスンマセン(爆)。40代にしてこれじゃあ、あまりに可哀相なのでこの勝負、デミの同情勝ち!


saga2007-11 saga2007-12

やっと対決シリーズが本格化して参りました。デスパ対決のテリ・ハッチャー42歳と、フェリシティー・ハフマン44歳。まあ他にも対決させたいデスパ妻はおりますが、SAGのレッドカーペット画像でStyle.comに取り上げられてたのってエヴァ以外ではこの二人だけだったような(ウロ覚え)。まあアタクシ、アメリカ在住のくせにドラマを観ておりませんので大した感想は申し上げられませんが・・・。テリのドレスはジョルジオ・アルマーニなんだそうですが、なんか変なトコに変なシワが入っちゃってるのが何とも頂けませんなあ。もともと痩せ型のテリなので、こういう中途半端な膨らみ方のドレスは逆に老けて見える。体の線が出るセクシーなほうが体型的にも年齢にもあっててエエんじゃないのかねえ(大きなお世話だが)。

フェリシティーもナニこれ?まるでオバさんだと言うことを強調したがってるんじゃないのか?っつー疑惑まで抱かされてしまうほどオバさん丸出し。モスキーノのドレスだそうですが、たしかに年取ったら隠したほうが知的で良し。っていう場合もあるにはあるが(例:ダイアン・キートン)なんだか中途半端にガーリーなスタイルで一体、誰に勧められちゃったんだろ?と気になって眠れなくなっちゃうくらい無理矢理な路線・・・。なのでこの勝負、テリの勝ち!つか、どっちも負け(爆)。


saga2007-3 versacela-4

やはりデスパのファッションポリスとなれば、この方の存在を置いて他にはないと思われる。熟女なイメージはあるものの、意外に若いエヴァ・ロンゴリア31歳。レッドカーペットではラテン女の名にかけてもジェニに追いつけ追いこせ的なファッショニスタっぷりなんですが、普段着がパリスなんだよな、イマイチ(爆)。小柄だけど均整もとれてて洋服が似合うタイプなんでしょうが、どこかにやっぱり着せられてる感が残ってしまうエヴァ。左はSAGのヴェラ・ウォン。この日はどういうわけかデスパ勢、新たなチャレンジをしちゃったらしく(苦笑)このラブリーなドレスもエヴァのキャラには似合っておりませんねえ。右のヴェルサーチみたく、メリとハリが効いたドレスじゃないと、やはりラテンの良さは生かせないような気がする今日この頃でございます。


grammy2007-8 versacela-9

いよいよ最後の対決は、ファーギちゃん31歳と、コートーニーちゃん42歳。これもガッツリ年の差はありますが、ドラッグまみれの人生から足を洗って再出発した(本人の性格に合わない)重い過去を持つ女達でございます。ファーギのドレスはバッジリー・ミシュカ。グラミーではロベルト・キャヴァッリと並んで採用してる人が多かったブランド。ファーギの場合は脚のキレイさもウリの一つなので、このミニドレスはなかなか良い選択かと。ただオッパイの大きさもウリの一つなのでこんなしてエンパイアラインで胸を潰しちゃうのはチともったいないような。あとポニーテールってのも昨年あたりのトレンドって感じで、もはや古臭い気がいたします。

コートニー姐さんはドナッテラ先生とはマブな仲ですからして、シャネルスーツなんつー上品ぶった姿の姐さんよりも数倍似合ってると思いますが、いかがでしょうか?やはりさすがはヴェルサーチ。極道系セレブの方にはピタッと来る何かがございます(ホンマかいな)。なので次回は是非、ジョニー・デップ夫妻なんかも射程距離に入れて頂いて、本格派の極道へと改造して頂ければ幸いです。どうにもシャネルが似合わん嫁のヴァネッサなんか、こっちのが絶対にシックリくると思うわ(笑)。と話がそれましたが、この勝負、そのくらい妄想を広げてくれるドナッテラ先生の勝ち!って勝負してないっつの・・・うひゃひゃ。


PARTY GIRL | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:16
(2007/02/18(日) 08:15)

<<勝手にプレオスカー祭り | ホーム | NYコレクション考察:4>>

コメント
 
きたよーきたきたー (フンガー) 
昨日、dreamgirlsを鑑賞して以来、
ジェニファ・ハドソンちゃんに萌えーなわたし…
赤いドレス、凄く似合ってますねー 
昨日youtube等でジェニファちゃんの出た番組とかの画像を漁ったのですが、彼女、性格も良いんだろうなーと思わせる魅力もありますね。
ヴォーグの表紙なんて、頼もしい限り。
しかし、25歳かー 
シエナちゃんもまだ25歳くらいだというのに、何か既に枯れてきてるように見えちゃうんですけど。。(そういや彼女もヴォーグの表紙してましたね。首の短さが分っちゃうような写真だったような気がする。。) 
2年前くらいかな? ジュードとラブラブだった頃の可愛さはどこへ…? 
人生色々、女も色々な20代ですね。。
URL | あゆみ #- | 2007/02/18(日) 22:55 [ 編集 ]

  エミリオ・エステベス!
なにげな~く読んでいたら、気になる部分が!
なになに!?エミリオ・エステベス!?
そうなんですか~!!デミのほうは承知しておりましたが、まさかあのポーラ・アブドル(日本語読みすんません)が付き合ってたなんて!ま、どっちも顔立ちは近いものがありますけどねえ。。。思わぬ名前と繋がりにびっくりしました。

今一度あの頃の映画を見たくなりましたよ~。
URL | もんち #TFdBPIcY | 2007/02/19(月) 00:59 [ 編集 ]

 
>あゆみちゃんへ
きーたよ、きたよ、アユミちゃん♪(Dr.スランプ アラレちゃん風に)
ジェニファーちゃんって、なんか愛玩動物のような愛くるしさがあるのよねえ(笑)
変なガッツを感じさせない、ナチュラルなところも好感度大だし。
本人は向上心も旺盛なんだと思うけど、この体型、スマイル等に現れる
大らかさが彼女の魅力だと思いますわ。ホント、ドリームガール!
ヴォーグのカバーなんてビヨたんだって飾ったことないんだよ~!
もちろん、過去のアメリカンアイドル勝者だってそんなことは有り得ず・・・
このセカンドチャンスっていうのが、相当インパクトが大きいんだと思う。
シーちゃんの場合、ジュードの知名度に乗っかって出て来たばかりに
別離後は特に風当たりは強くなっているはず(ご愁傷様)。
どんなチャンスでもチャンスには変わりがないけど
やっぱり何かを踏み台にしちゃったタイプは好感度は薄まるよねえ。
シエナは未だにジェニファーちゃんよりも知名度は低いと思うよ(爆)

>もんちさんへ
うほっ!いらっしゃいませ~(笑)
エミリオと女達に反応して頂けるなんて!
もんちさんとのお付き合いは何が起こるかわからないから楽しーのよ~。
ポーラ・アブドル(笑)エミリオは結婚までしてたんですよー。
あとにも先にも、この二人が正式に結婚したのはこれっきりみたい。
まあ、オジちゃん、オバちゃんになってまた一花咲かせてる二人なので
何らかしらの才能に惹かれあったってことでしょうねえ。
やっぱ「セントエルモスファイアー」あたりがマストな感じよね。うひゃ~。

URL | タラ #- | 2007/02/19(月) 10:01 [ 編集 ]

 
タラしゃんの言うとおり、グラミーってワーストの集まりだよな~。
お気に入り見つけるのに苦心したしまふ。
凛子ちゃんはね~。まあシャネル以外にドレス選びの
つてがないのかもしれないし。という判官贔屓なオレ。(苦笑)
クリスティーナ・リッチも同じく、昔から大好きだから何とも
いいようがないけど、意外とブランドまみれなんだよね、この子。(苦笑×2)
ヴィンテージとか似合うと思うんだけどなぁ。

とりあえずベストは私もケイシャ・ウィティカーで。って知らんけど。
他がキワかったりするので、余計シンプルが美しく見えるのかも。
メイクも控えめだしね~。
しかし、レッドカーペットをあれこれ言うのって楽しいっすね。
日本アカデミー賞なんて、ちょーツマんないっすから!
URL | chiku #- | 2007/02/19(月) 11:37 [ 編集 ]

 
ドリームガールズまだ見てないんですが、
なんか宣伝の歌がもう頭に入ってます。
映画より先にサントラ欲しいなと思っちゃいました。
ジェニファーハドソンどきん好感度大です。
女から友達になりたいと思わせるものを
持ってますよね。
URL | どきん #V7AZ2qgU | 2007/02/19(月) 11:53 [ 編集 ]

 
クリスティーナリッチのセクシー路線を
見ていたら日本の某天才子役の
安達○実を連想しちゃいました。

あと、あの話には実は続きがあって、
2年前ぐらい前のことなんですけど
お正月のマークbyのセールで
応援に来ていたマークの会社の営業の人と
話がはずんでその時に
「あのコレクションラインのショップの人
とてもカンジが悪いでしょ?
あと2ヵ月したら愛想のいい(女性)店長以外
みんなとばされちゃうの。」
とおっしゃっていたんです・・・。


URL | みの~ぐ #Gwe.USms | 2007/02/19(月) 13:52 [ 編集 ]

  ありがとうございます~~(泣)
タラさん、大変なお仕事を頼んでしまって申し訳ありません~~!!!
たしかにグラミー賞ってファッション的には??ですよね(笑)
でもさすがタラさん!!コリーヌちゃんとピンクを勝負させるなんて切り口を、ど~やって思いつくんですか(笑)
クリスティーナ・アギレラがベスト・ドレッサーに選ばれてるんですか??たしかに綺麗だけど、ほんとタラさんのおっしゃる通り、やりすぎですよね。そっか~歌と同じで力が抜けない性格なのかぁ・・・納得。
芸歴も長いので行き着くとこまで行っちゃったんでしょうね。
DREAM GIRLSはまだみていませんが、ジェニファー・ハドソン、ホント素敵!!魅力的なオーラにあふれてます。
本当に今回も本当に楽しませてもらいました~~。いつもありがとうございますv-238
URL | wildlilyy #- | 2007/02/19(月) 14:42 [ 編集 ]

 
>chikuたんへ
お。凛子はん推進委員会会長様、いらっしゃいませ~。
凛子ちゃんもグラミーに出席したらベストドレッサー扱いしてもらえたかも。
でもシャネルでグラミーってのは場違いかな・・・やっぱ。
でもあのプードルや、このカーテンならダイジョブか。ヒヒ。
アップはしなかったけど特にロック組にはコスプレまがいのヒドいのも多いし。
まあ、でもこのワーストぶりが楽しみでもあるんだけどね(笑)
クリスティーナ・リッチ的にはセクシー路線で行きたいのかな?
なんかガーリーなイメージがあるワリにドレスがいつもババくさい。
ケイシャは映画関係の授賞式、しかも夫の付き添いだからねえ。
でもこのシンプルビューティーっぷりは大正解って感じだなあ。
シーちゃんなんかより、全然初々しいもん。ウケケ。

>どきんちゃんへ
ジェニファーちゃんの魅力は滲み出る大らかさだよねえ~。
それでいて迫力だけじゃないガーリーな可愛らしさもあるし。
「ドリームガールズ」も是非観に行ったらいいと思うよ~。
もうビヨたんを差し置いて(笑)ジェニファーの魅力が全開って感じだから。
サントラもいいよねえ。アタシも買うつもり。

>みの~ぐさんへ
えええ?安達◯実もセクシー路線なのー?母親じゃなくて?(爆)
チビッコはあまり無理しちゃいかんよねえ、うん。
うわー。会社の人が社外(よね?)のみの~ぐさんにそんな暴露しちゃうの?
なんかそれもある意味、社内的に病んでる感じがするなぁ(苦笑)
じゃあ、きっとその店は店長だけでもってたんだねえ・・・。
なにか旧体制と新体制の変わり目で変な店員は昔の人だったとか?
ま、よくわからんけども(笑)お客さんにストレス感じさせちゃアカンよねー。

>wildlilyyさんへ
うははー。コチラこそお名前まで登場させちゃってスンマセン(笑)
いえいえ、やり始めると楽しくなっちゃうアタシですので(うひゃひゃ)
シッカリと楽しみながら記事作りをさせて頂きましたわ~。
しかもどういう内容にしようなんて考えてるうちに年代別対決を思いつき
そんなこと考えてるうちに対決者に共通項がけっこうあることに気づいたり
なんだかんだと、やはりゴシップに関連したネタになってしまいました(笑)
そうそう。Eチャンネルのファッションポリスではアギちゃんのウンガロ、
スカチンのモニーク・リュイリエあたりが褒め称えられてたかなあ。
あとはジャスチンのプラダなんかも挙がってましたよ。
彼はいつもベストドレッサー扱いなのよねえ、なんだか知らんけど。
>芸歴も長いので行き着くとこまで行っちゃったんでしょうね。
うひゃひゃ。同期のブリも行き着くとこまで行っちゃったみたいだし(大笑い)
やっぱり子供の時から働いてるとイロイロあるって感じですな。
「ドリームガールズ」はwildlilyyさんが絶対に好きな映画に違いないので
箱ごとクリネックス持って(笑)是非是非観に行って来て下さいねー。
URL | タラ #- | 2007/02/19(月) 20:22 [ 編集 ]

 
出遅れたわー。
ジェームス・ブラントにだんだん飽きてきた俺(爆)。
こんなところで汚い姿をさらさないで、
次のアルバム、早く作れっつーの。
ペトラちゃんとは別れたって話もあったけど(もち、彼の浮気)
結局くっついてんのね。どーでもいいですよ(苦笑)。
私もちっくん同様、鶴瓶妻のケイシャ・ウィティカーに一票。
すんごく可愛い~。
あと、コートニーが別のお顔になってて怖いでーす。
URL | ruby #- | 2007/02/20(火) 13:12 [ 編集 ]

 
>ルビちゃんへ
お待ちしておりました~。うひゃひゃ。
そーそー、ジェイムス、せっかく奥様が応援してやったってのにさぁ、
マンマとハリウッド化しちゃってるよー(言いつけちゃうわ)
もうエエよ、こんなヤツ(決めつけ)ちょっと色ボケ入って来てるしよぉ。
なんかイギリス男はダメなのが多いねぇ(さらに決めつけ)。
ちょっと付き合っただけでチャラチャラと授賞式なんかに
可愛いカノジョをエスコートしちゃうとこなんて、かつてのジュードみたい。
しかも、浮気の噂まであったなんて(苦笑)さすがノッテますな~。
つか、鶴瓶に大ウケ!思わず声だして笑っちまいましたわ。うはは。
いやあ、この顔でこんな美人妻をゲットするなんて・・・男ってモンは
ホンマにわかりまへんな。ケイシャってQ・ジョーンズの親戚でもあるみたい。
コートーニーも経済状態苦しいワリには金かけてるよねえ。うむ。
URL | タラ #- | 2007/02/20(火) 15:42 [ 編集 ]

 
すっごいね、今回の対決たち・・・。
朝、この記事をみつけたけど、おっといけね、会社に遅刻しそうな充実ぶりだったので帰ってきてそっこーtaraさんとこ来ちゃったじゃないの~。

どいつもこいつも、、だねえ。
ワタシ、アギレラ大嫌いなんだよなあ、なんかふつーにパパラッチされるときまで全身力入りまくりでさあ、歌を聴いてもパワフルすぎてこっちが呼吸困難になりそうだし・・・。
メアリーJが36歳~?そりゃびっくりだわ。
ドレスとタトゥーってどうもねえ、ワタシもタトゥー入れてるけどそりゃもう将来どんなとこでレッドカーペットに参上するかわかりませんので(ありえへん)、ちっちゃーくしておきましたよ♪
URL | amy #- | 2007/02/21(水) 19:05 [ 編集 ]

  タラワールド全開~!
タラさん、ありがとう、時間をかけてじっくり拝見いたしました。
DGの世界にヒタヒタしている私にとって、最初のジェニファーの真っ赤っかのドレスにも圧倒されましたわ。
この子、若いんだか何だか分からない・・・(笑)
豊満なボディを見ておくれ~って具合なところも凄いっす!
ボンッボンッボ~ンッと私に自信をくれるんだよね~(汗)
やっぱりレッドカーペットのドレスの評価は人気に影響されるのね、ジョニーを除き、、、(笑)
この部分、PCに向かって大爆笑でしたわ~、さすがっ!!タラさんだぁ~っ!!
凛子ちゃんのドレス・・・またかいっ!またかいっ!!
おでこ隠した方が絶対にいいのにぃ~、何故、こんなヘアースタイルなのぉ~??
もっと若々しくあって欲しいと思う私デス・・・苦笑!
URL | MAしゃま #zznpJz3M | 2007/02/22(木) 11:42 [ 編集 ]

 
>amyちゃんへ
うひゃひゃ。対決シリーズ、気に入って頂けましたでしょうか?
って、いつからシリーズよって話ですが(汗)
amyちゃん、アギちゃん嫌いなんだ(笑)なんかわかる気がするな~。
いやイギリス好きなギャルはキライだろ、こんな暑苦しい女子は(大笑い)
でもさエレン・フォン・アンワースにPV撮らせたりして
意外にガーリーなおセンスはあるみたいなのよね(見えんけど)
ま、ブリよりは。っつー、比べる対象がかなり低レベルだけど。うはは。
ヴェルサーチの広告の顔が一番スッピンっぽかったってのもアレだなぁ~(苦笑)
そうそうこの二の腕タトゥって目立っていいんだろうけど、腕の太さによるよね。
メアリーJの男前な腕っ節&タトゥだから怖いっつーの。ヒヒ。
amyちゃんがレッドカーペットデビューした日にはFPしまっせ。ヨロスコ!

>MAしゃまへ
ジェニファーちゃん、ドリじゃ綺麗ドコの役じゃなかったからわかんなかったけど
こうしてプロにヘアメイクしてもらうと、なかなか可愛いかなと思いますわ。
まあ、これも周囲の称賛による自信で3割増の美容効果なんでしょうけどねえ。
>この子、若いんだか何だか分からない・・・(笑)
ビヨもそうだけど、25歳には見えないですよね、貫禄あり過ぎ。
>やっぱりレッドカーペットのドレスの評価は人気に影響されるのね、
ジョニたんの場合はマイナスがプラスに転化してるケースとゆーか(汗)
あのカッコでレオたんが出て来たらソッコー、ノミネート取り下げでしょう。
凛子ちゃんもナチュラルなほうが絶対に可愛いんだけどなー。
でも伊ヴォーグ誌にブルース・ウェバー撮影でファッションフォトが載ったり
ファソン業界的にも注目度はありそうです。なので洗練されるのはこれから?
URL | タラ #- | 2007/02/23(金) 07:09 [ 編集 ]

 
タルさん(笑)
これ、やっぱりシリーズ化すべきかと。
この2決が楽しくてしゃーない。ホント言葉選びが上手だねー

てかサンドラ・オーって初耳でやんした。
どっかの日本人のおねーちゃんが乗り込んできたのかとおもったよ。(爆)
URL | makio #- | 2007/02/23(金) 16:38 [ 編集 ]

  盛り上がってまんなー!
早速オジャマしまっす!
ナオミvsジェニの「取り憑かれた女対決」と、
ヒラリーとスカチンの「肩幅を足して2で割る」に爆ウケしたアタシが来ましたよー(笑)
taraTVに釘付けになっちまったアタシが来ましたよー。←シツコイっーの。

相変わらず番長トークは最強で最高だよ。まぢで。
っつーか、乳やりながらコメ入力してゴミンよ(汗)

これからゆっくり過去記事にも目を通しに行ってきます。では、ちょっくらいってきまーす!
URL | chamico #- | 2007/02/23(金) 22:42 [ 編集 ]

 
>牧夫くんへ
シリーズ化すべきかしら(笑)でも意外にメンドクサイのよね(爆)
ま、レッドカーペットシーズンのお約束的ポジションが
確立出来るように頑張りますわ(ホンマかいな)
サンドラはTVドラマ出演が多いから日本の知名度は低いと思うんだけど
アメリカじゃルーシー・リューよりも人気はあると思うよ。GG賞も取ったし。
>ホント言葉選びが上手だねー
うひゃひゃ。お褒め頂いて恐縮しまくりですが
マスオさんほどの言葉遊びプロじゃございませんのよ、タラちゃん。ヒヒ。

>おちゃみへ
おちゃみィーーーーーーーーいいいいい!(あ、シツコイ?)
育児にお忙しい中、遊びに来てくれてタラちゃん感激ですわん。
つか、こんなマニアックなtaraTVに反応してくれるのなんて
おちゃみくらいだよーん(ギャハハ)。
さすが現役ダンサーでござりますなぁ。乳振り乱して踊ってってちょーだいな(爆)
なのでタラちゃんは、今後もおちゃみの乳の出が良くなるようなネタを
ご用意できるように精進して参りますわ(ホンマやで)
いやあ、おちゃみが来てくれてまぢ嬉しーよ~ん。アデュー!
URL | タラ #- | 2007/02/24(土) 12:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://taramoon.blog33.fc2.com/tb.php/86-530d2fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ***babytaramoon all rights reserved.
Powered by FC2 / PHP weblog system 3 / netmania
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。